新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
  • ためしよみ
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

おさじさん」 ママの声

おさじさん 文:松谷 みよ子
絵:東光寺 啓
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
税込価格:\770
発行日:1969年08月
ISBN:9784494001057
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,436
みんなの声 総数 134
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

119件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • いっぱい食べて大きくなぁれ!

    • ありゅさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳、女の子1歳

    シリーズ他のものと比べると少し文字が多いので2歳くらいだと理解しやすいのかなと思います。「おさじさんはスプーンのことだよ」と教えてあげると意味が分かったようです。

    絵もとても可愛いです。

    偏食で悩んだ時期もあったけど今ではすっかり食べることが大好きになりました。おさじさんありがとう!

    投稿日:2024/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい。

    絵本の内容はかわいらしくてすごく素敵になのですが、おさじ、という言葉、あまり使わないのでちょっとなじみにくかったのが残念でした。スプーンという表現をずっと使っているとおさじという言葉がなんだかちょっと違和感ありました。おじいちゃんおばあちゃんが読んであげるには良いかも。

    投稿日:2023/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズムがすき

    なんとも言えないレトロな雰囲気とおさじさんの頼もしい表情がたまらない。
    なんといっても、ことばのリズムが完璧で読んでいて口が気持ちいいのです。笑
    声に出して何度でも読みたくなります。
    離乳食をあげるときに「おくちのトンネルああーんとあいて…」なんてちょっと歌うようにやったら楽しいです。

    投稿日:2022/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • あかちゃん向けの絵本にしてはちょっと文章量が多めですね。静かにじっくり聞いてくれるあかちゃんには読み応えがあっていいかもしれません。
    食べ物をお口に運ぶ時、きしゃぽっぽで運ぶのは我が家でもよくやっていました。どのページもかわいらしくて読んでいる親の方が癒されます☆

    投稿日:2022/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美味しいものをおくちへ運ぶ汽車ぽっぽ

    おさじさん、というタイトルにひかれて読みました。
    最初はスプーンに松谷みよ子さんが名前をつけたのかなと思っていたのですが、
    昔はスプーンをおさじと呼んでいたのですね。
    計量スプーンのことは、おおさじこさじといいますが、おさじは何だか新鮮な響きでした。

    初めてスプーンを使うお話なのですが、
    スプーンは、おいしいものをおくちへはこぶきしゃぽっぽ、というのがいいですね。

    離乳食が始まる頃、もしくは一人で食べ始めた頃におすすめの絵本ですね。
    我が家はそんな時期はとっくに過ぎてしまいましたが、おさじさん、という表現が気に入ったので、子供たちと使いたいです。

    投稿日:2020/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良質

    優しい表現の言葉と起承転結でわかりやすい物語、そして前掛けがかわいいうさぎの坊やとおさじさん。
    この絵本を読むと、とても良質なものに触れた様で、ほっこりします。
    特に、「ほっぺはくわんくわん」の「くわんくわん」の表現がお気に入りです。

    投稿日:2020/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいおさじさん

    娘が誕生したときに義母からプレゼントに頂きました。

    とってもかわいいうさぎさんとおさじさんのお話です。
    うさぎのぼうやのところに初めてやってきたおさじさん。
    最初はぼうやに「いいの」と断られてしまいますが、優しく自分を使ってみてと誘います。
    初めておさじさんを使ったうさぎのぼうやがとても嬉しそうで、これからごはんを食べていく大事なパートナーになるんだなと感じました。
    最後の「あなたも もって いるでしょ おさじさん」というセリフがじんと心に響きました。子どもも今では「これ、おさじさんでしょ?」といいながら上手にスプーンを使っています。

    大切にしたい一冊です。
    義母にも感謝です。

    投稿日:2020/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • スプーン

    松谷みよ子先生の作品で、気になっていたので、手に取りました。
    挿絵も、とても可愛いです。
    赤ちゃん絵本にしては文書は長い方かと思いますが、1歳の子供は落ち着いて聞いてくれました。
    「さじ」のことを普段「スプーン」と言っているので、「おさじさん」という表現がかえって新鮮でした。
    子供が、食べるときに、きしゃぽっぽをしてみたいと思いました。

    投稿日:2018/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「おさじ」という言葉のすわりの良さ。

    年齢が低かったころは、「うさぎさんがかわいくない」と言っていた娘。今では、かなり気に入っています。
    この本の魅力はスプーンではなく、「おさじ」と言っているところでもあると思うのです。普段はスプーンと呼んでいるけれど、ここでは断然おさじ。
    なんだか、日本語としてのすわりがとても良い。

    ばあばが孫に「はい、おさじ。あら、今はおさじなんて言わないわよね」と恥ずかしそうに言ったことがあります。
    この絵本を読んでいたので「スプーンのことだと分かるよ」と会話したのが印象深いです。
    最近は日常であんまり使わなくなった単語も、こういうところで生きてくるなあと思いました。

    投稿日:2018/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • うさぎさんとおさじさんはいずれも可愛らしい。おさじさんの絵はこの本以外にもあるのですが、この絵本のおさじさんほどおしゃまな表情のおさじさんはいません、とても可愛らしい。子どもはこの絵本が大好きで何回も読まされます。子どもが好きな場面はおさじさんが「ぼくは・・・きしゃぽっぽ」という場面です。あついおかゆを食べてやけどして泣いたうさぎのぼうやに「泣いてはだめよ」というおさじさん、おさじさんの可愛さがあれば水をあげる気配りも慰める言葉も必要ないのでしょう。どんな子どもでも遅かれ早かれ匙を使えるようになりますし、使えるのを待つおかあさんが多いと思いますが、おさじさんは、きっと早く使ってほしいのでしょうね。

    投稿日:2016/12/25

    参考になりました
    感謝
    0

119件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / いやだいやだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

みんなの声(134人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット