キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

おさじさん」 パパの声

おさじさん 文:松谷 みよ子
絵:東光寺 啓
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1969年08月
ISBN:9784494001057
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,619
みんなの声 総数 124
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かわいいおさじさん!

    素敵な絵と絵本らしい教育的内容。

    ソフトタッチの素敵なおさじさんとうさぎさんがかわいいです。

    うちの子は、おさじさんを見つけては『ここ〜』って
    指差しますよ。

    も少し大きくなったらくいしんぼうさんは
    おなかがすいちゃうかなぁ(笑)

    掲載日:2010/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ど定番!

    なんともいえないほんわかした世界の中で、ちゃんとしつけを教えてくれる。説教くささがないところがよいと思います。赤ちゃん向け?なので文字は少ないのですがリズムがあってとてもよい本です!!

    掲載日:2009/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食育のはしりの絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1969年初版の95万冊の発行部数を誇るベストセラーで、今も読み続けられています。
    今でこそ、食育の絵本は沢山ありますが、まさにこの絵本はそのはしりというべきもの。
    しかも、その中でもベストに近いものだといえるでしょう。

    何といっても「おさじ」という響きが良いです。
    「スプーン」という呼称しか知らない子供が多くなったかも知れませんが、やはり本来の日本語はおさえておきたいところです。

    お話は、「おさじさん」がうさぎの子供が食事をするのをお手伝いするといういたってシンプルなもの。
    東光寺 啓さんの絵の暖かさと相まって、松谷 みよ子さんの心地よい文が、きっと聞き手の心に届くことでしょう。

    おさじを使いだすころに読まれると、とても良いと思います。

    掲載日:2008/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほほえましい

    本のタイトルを見て最初はなんだろう?と言う感想でした。読んでみてスプーンのことだとわかったけどスプーンと言うよりおさじさんという表現がとてもほほめましくって和みました。うちの娘も聞いたことの無い「おさじさん」をなんだろうと大人しく聞いていましたが、物語の中でおさじさんの存在=スプーンだとわかったみたいです。普段手で食べたりして熱かったりべとべとしたりしているけどおさじさんを使うことによりこんなにもたくさんの美味しさを味わえるんだよっと食事の際のマナーも教えられるような感じでとてもいい1冊だと思いました。

    掲載日:2006/05/03

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いろんな場所へ旅する楽しい乗り物のしかけ絵本

みんなの声(124人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット