虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!

おさじさん」 せんせいの声

おさじさん 文:松谷 みよ子
絵:東光寺 啓
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1969年08月
ISBN:9784494001057
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,736
みんなの声 総数 126
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 離乳食の頃に・・・

    おさじさんが山を越えてやってくるお話です。

    美味しいものを探すこと、上手に食べられるように援助することがおさじさんの役目。
    うさぎさんをお手伝いしてあげる時の、おさじさんの嬉しそうな表情が印象的な絵本でした。

    離乳食を始める頃に、子どもに読み聞かせてあげると良いのではないかと思いました。
    食育絵本としても使えるオススメの一冊です☆

    投稿日:2008/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 助けてあげてね☆

    私自身、小さい頃に読んでもらった記憶のある絵本。
    ゼロちゃんにとってのスプーンって…最初は、大人が食べさせてくれる時に使ってるもの…「あたしも持ちたいなぁ」。それから、ご飯をすくう大人を見て…「お皿に入れるんだぁ」と、皿をカンカンカン!そして…すくって食べるものと気づく…そんな成長の中で、もしかしたら子どもの手の中にある「おさじさん」が助けてくれているのかもしれませんね!大人には分からない秘密の声で、「おさじはね…」なんて。。
    そんなことがあるか分からないけれど、そうだったらいいなって思える子どもの成長を見守る優しさに溢れた作品です☆

    おさじさん、子どもたちをいつまでも優しく見守って…助けてあげてね☆☆☆

    投稿日:2007/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べるのって楽しい!

    • ぽー嬢さん
    • 30代
    • せんせい
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    まず、うさぎとおさじさんの絵が可愛い!
    そしてリズムよく読めるところが好きです。
    自分で食べたいけど上手に食べられない…そこで
    おさじさん登場!
    自分で食べたがるようになって、スプーンに興味を持ったら読んであげたい一冊です。

    投稿日:2006/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • お食事が楽しくなる絵本

    離乳食が始まり、子どももスプーンに手をのばすようになりました。
    そんなときに、読んであげるのにふさわしい絵本だと思います。
    おさじさんって、すごいね。ごはん、おいしいね。
    話をしながら楽しんでます。

    投稿日:2006/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(126人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット