虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

6つの色自信を持っておすすめしたい みんなの声

6つの色 作・絵:とだ こうしろう
出版社:戸田デザイン研究室 戸田デザイン研究室の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1985年
ISBN:9784924710214
評価スコア 4.48
評価ランキング 8,432
みんなの声 総数 26
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 色彩感覚を学べる良本です!!

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    こどもの色彩感覚を育てる絵本シリーズの一番最初に読んだのが、
    この「6つの色」です。これは購入したい!と思える良本でした。
    色に興味を持ち始めて、絵の具を使う楽しみを知った娘に、どの色とどの色を混ぜると何色になる?の基本を押さえた1冊です。しかもこの絵本の素晴らしいところは、ただ色の組み合わせを伝えるだけでなく、ストーリーがあり、
    最後には前のページで登場した色を使って1つの美しい風景が完成するところです。
    まだこの「6つの色」の本で満足している娘ですが、後々他の2冊も読みたいと思います。

    投稿日:2019/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • この世界は色んな色で溢れています。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子6歳、男の子3歳、女の子0歳

    読んでいて嬉しくなる絵本ですね。何色と何色を混ぜると何色になる!という勉強にもなるのでこれは是非子供達にも読ませたい!先日とだこうしろう先生のおもちゃを購入したばかりだったので、この本を通して、一人でとだ先生に親近感を抱いているところです。

    投稿日:2017/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルなイラストに色が映える!

    とだこうしろうさんの「22の色」がとてもよかったので,こちらの「6つの色」も読んでみました。
    シンプルなイラストがとても色を映えさせてよかったです!
    何色と何色で何色になる。。というのがあって深い色絵本でした。
    さすがデザイン研究所からの色絵本だけありますね。

    投稿日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルなイラストが良い

    息子の色彩感覚を育てたいと思って生後4か月ごろから読み始めました。息子はすごく好きみたいです。内容はまだ理解できない月齢ですが、丸い色だけのシンプルな絵柄が0歳児には良いのかなと思います。後半より前半に食いついてるので。

    投稿日:2014/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 六色の虹

    赤、青、黄、緑、紫、橙の六色の虹(?)の登場がとても綺麗でした。パラパラ降る橙色と黄色の雨は、レモンとオレンジを実らせたのもファンタジックで夢もあって素敵でした。赤、青、黄の三色から、混ぜ合わせることで六色になるのも色を学べました。

    投稿日:2013/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奥が深い色

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    デザイン研究所を主宰する作者だけに、奥が深い色彩学習絵本となっています。
    青、赤、黄色が登場、そこへへびがやってきて、二色ずつ食べていって、
    緑、紫、橙が出てくる、という趣向。
    色彩的にはかなり本格的な発色のようですね。
    中盤で黒を食べて具合が悪くなったへび。
    6つの色が悲しみの雨を降らすのですね。
    その造形がなんとも鮮やかです。
    なるほど、雨の後は虹ですね。
    でも、虹なのに6色?と疑問に感じ、いろいろ調べてしまいました。
    実は7色と確定ではないようですね。
    奥深い色の世界、小さい子からでも楽しめそうですね。

    投稿日:2013/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色が混ざる面白さ。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    へびが色の玉を飲んじゃうところなんかを見ると、岸田衿子さんの「なにをたべてきたの?」と、似ている発想だなと思いました。

    すごく単純なお話ですが、“色と色が混ざる”とこうなるんだ。というのはよくわかりました。
    口から色の玉を飲み込んで、おなかで混ざっていき、尻尾の先から混ざった色玉が出てくるところがよく考えてるな〜と思いました。

    はっきりした太い線の絵で、遠目もききやすいので、幼稚園や学校の読み聞かせや、低年齢のお子さんのお話会などでも使えそうです。

    投稿日:2011/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんの時からおすすめ!

    非常に反応の良かった本。
    へびの「おなかがいたいよ〜」のセリフを読んだ後、娘が「えーん」と泣く真似をして楽しんだ思い出があります。
    また、色を混ぜることがテーマになっているので、1歳くらいの時から、クレヨンなどで実験をして楽しみました。
    赤ちゃんからおすすめできる本です。

    投稿日:2010/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • きれい

    • みぽみぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子14歳、女の子10歳、女の子5歳

    色 を親子で意識するようになりました。
    やさしい気持ちもたくさんの絵本です。

    へびくん いろんな色をのみこんで
    いろんないろがでてきます。

    このあたりのくだり、娘がよく得意そうに教えてくれます。

    そして

    びょうきになったへびくんを助けてくれるのは・・?

    この絵本を読むと
    窓の外を見て 
    そして 娘と一緒にお散歩に行きたくなる母です。

    投稿日:2009/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色彩

    • みっくるみさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    いろんないろがでてきたり色の変化が楽しめて、大人が見ても楽しめます。

    いろんな色が合わさるのを食べ物に見立てて、おなかの中の様子やうんちとなってでてくる様子は、娘のつぼにはまっているようです。
    うんちとなってでてくるとき大笑いです。

    子供がよく目にするあお・あか・きいろ・・・などがでてきて
    何色かあてるのを楽しんでます☆

    読んでいる大人も、子供も色彩を楽しめる素敵な絵本で
    私も娘も大好きな本のひとつです☆☆

    投稿日:2009/05/19

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット