新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ

三にんむすこ」 ママの声

三にんむすこ 作:わたなべ しげお
絵:せがわやすお
出版社:福音館書店
税込価格:\715
発行日:1977年
評価スコア 4.33
評価ランキング 14,958
みんなの声 総数 2
「三にんむすこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 三人三様の幸せ

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳

    もしかしたら、今は絶版になっているかもしれません。私が子どもの頃大好きだった本で、手元にあるのは、1966年8月発行のものなのです。でも、図書館などにはあるかもしれませんので、紹介します。
    渡辺茂男:作、瀬川康男:絵の昔話です。

    たろべえ、じろべえ、さぶろべえという三人むすこが、一人前になるために家を出て、旅に出ます。
    長男のたろべえは、なまけもので、成り行きで泥棒になり、次男のじろべえは、おとなしく気がいいので、旅の途中で出会った長者どんの婿になり、三男のさぶろべえは、滅法気が強いので、殿様に仕えるお侍になりました。
    そして、三年が過ぎたので一度とうさんの元へ帰ることになった三人は、思わぬところで鉢合わせします。そして・・・。

    三人のむすこの性格が見事に三人三様で、そのお陰でその後進む人生も三人三様です。それでも皆それぞれ身の丈に合った幸せをつかんでいるところがとても面白いのです。泥棒になったたろべえにだって、悲壮感など微塵もないので、楽しいお話として読むことが出来ます。

    表紙は旅に出た時の三人の姿が、裏表紙には三年たった時の三人の姿が描いてあります。その違い(違いのないのが1名)を見るのも楽しいです。

    実は、私は三人姉妹なので、三人姉妹(または兄弟)の話が大好きで、結構探しては読んでいます。そして末っ子なので、もちろん肩入れするのは末っ子です。この本では、気の強いさぶろべえが一番のお気に入りです。
    そんな観点から本を選ぶのも楽しいですよ。

    投稿日:2006/04/09

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どーこかな?
    どーこかな?
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    お顔の中のあてっこ遊び おめめは どーこ? ここよ ここよ ぱちくるりん 親子の触れ合いを楽しむあか


えほん新定番 from 好書好日

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット