キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

わにがわになる」 みんなの声

わにがわになる 作:多田 ヒロシ
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,050+税
発行日:1977年2月10日
ISBN:9784772100496
評価スコア 4.02
評価ランキング 20,425
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

57件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 読み方にコツがいる?

    表紙を見て、親の私がすっかり気に入ってしまいました。

    一緒に読んでみて・・・息子はちょっとわからなかったようで、「おにのおにぎり」あたりでようやくクスリ。
    あとはふーんという反応でした。
    イントネーションとか読み方にコツがいるかもしれませんね。

    こういう言葉遊びって好きです。
    言葉が豊かになりますよね。

    投稿日:2017/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉と絵がぴったり♪

    あれ?
    レビュー書いてませんでした(汗

    ことばあそびっていろいろあるけど
    聞くだけではイメージ出来ない子もいますよね

    この作品は
    多田氏のユニークな絵で
    なんか楽しくなっちゃう

    「言葉あそび」は
    奥が深いです

    へぇ〜
    なるほど

    これは、ちょっとおやじギャグ?

    って思うけど
    自分で作ろうと思うと
    なかなか出来ないものです

    題の「わにがわになる」って
    シンプルながら
    この表紙の絵を見ただけで
    笑っちゃいます

    頭の体操&ユーモアを楽しめます

    投稿日:2017/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワニのお話だと思ったら

    はちのはちあわせ、こうもりのこもりうた、いるかはいるかい
    パンダの給食ぱんだ など、こんな調子で続いて行き、面白いです。
    小さな子供もすっとわかる感じです。
    かなりたくさんのっていました。
    最後は表紙の「わにがわになる」でした。

    投稿日:2016/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • めちゃベタなダジャレ

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の娘と読みました。

    絵も、だじゃれの内容もとってもシンプルで、
    3歳の娘でも十分に楽しめました!

    わにが わになる
    ぱんだの きゅうしょく ぱんだ

    だからってどうってことないけど、
    つい、「ぐふふ」ってしまう、面白さがあります。

    となりで聞いていたダジャレ大好きな年頃、8歳の長男も、
    「ちょっとこっちにも見せて!」と参戦。

    ただやっぱり、3歳はダジャレって分かってないなと思ったのが、

    「いるかは いるかい?」 に、
    「いるよー!」と元気に答えていました。

    それでもまあいいよね。
    親子で、兄妹で楽しめた一冊でした。

    投稿日:2014/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おやじギャグ?

     私は、表紙を見ただけでクスッと笑いそうになりました。でも、子どもは「おやじギャグ」に、あまり笑わないですね、、、。

     ことば遊びがおもしろいけれど、小さな子どもにつたわるかなと、感じました。
     動物いがいにも、いろいろでてくるのがおもしろかったです。
     楽しい絵とギャグで、リラックスできる絵本でした。

    投稿日:2014/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉あそびの定番ですね

    誰もが経験するだろう、だじゃれの言葉あそびですが、何となく当たり前過ぎるような気がしました。
    絵にしてみると面白いけれど、 もう少しひねりやら深みがないと、眺めただけに終わってしまうような感じです。
    誰もが考えそうなところが、幼児にとっては良いのかも知れませんが…。

    投稿日:2014/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • だじゃれ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    表紙のような感じでだじゃれのオンパレードでした。
    この絵本を読んでいると思わず、この絵本のだじゃれが日常でも使いたくなってしまいそうです。
    子供も大きくなるとオリジナルのだじゃれを生み出してくるかも。
    言葉だけでなく、絵とセットで面白かったです。
    よくこんなにだじゃれが思いつくなー。

    投稿日:2014/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • きょとん。

    • みちゃママさん
    • 20代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    ひらがなを覚え、言葉遊びも増えてきた3歳1か月の息子と一緒に読みました。
    反応は…きょとん。
    一つ一つの単語は簡単でも、ダジャレはまだまだ難しい様です。
    親としては、子供の知っている言葉で沢山ダジャレができるんだなぁと感心して読みました。
    子供向けとはいえもう少し大きくなってからでないと楽しめないみたいです。

    投稿日:2013/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど!納得

    最初は何の事かと思いましたがこれはオススメです。

    日本語は難しいと言われますが
    本当に難しいと思います。
    ましてや子供には「わに」「輪に」「鼻」「花」などなど
    数えればきりがないものが多いですよね。
    大人は知らず知らず使い分けますが、子供はきっと
    頭の中「?」だらけなのかもと思います。

    この絵本はそんな部分を的確に言い表しているなと思います。
    だじゃれではありますが、言葉の勉強をするには
    とてもいい教材?になると思います。
    なんのこちゃ?!
    が、わかった時はすごいひらめきがありそうです。

    投稿日:2013/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと早かったかな

    2歳になる直前に買いました。正直、まだ子どもは理解していないと思います。逆に親である私の方がおもしろくて、ついプッと笑いながら読んでいます。まさにダジャレです。たまたまそばで聞いていた主人もウケていました(笑)。

    もう少し大きくなればきっとダジャレの意味がわかって、子どものツボにはまるような予感がします。読んであげるのは3歳くらいになってからでもよかったかな。

    投稿日:2013/06/25

    参考になりました
    感謝
    0

57件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


「楽しみながら生活する気持ち」と「生活習慣」を学べる絵本♪

全ページためしよみ
年齢別絵本セット