宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

すきに なりそう・・・・」 ママの声

すきに なりそう・・・・ 作・絵:いもと ようこ
出版社:至光社 至光社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年
ISBN:9784783402626
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,862
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • すごいぞ、カタツムリすごいぞ、ニンジン!

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子12歳

    おじいちゃんが、カタツムリをくれた。
    「エサはニンジンだぞ」

    ボクは、カタツムリもニンジンも大嫌い。
    それなのに、飼うことになってしまうのです。
    ボクにとっては、初めての飼育。
    嫌い!と言いつつも、毎日お世話をしていたら、大発見しました!
    ニンジンを食べたカタツムリは、オレンジ色のうんちをします。
    ニンジンの葉っぱを食べると、緑色のうんちをします。
    しかも、食べられながらもニンジンは葉っぱをどんどん伸ばしていく!

    すごいぞ、カタツムリ。
    すごいぞ、ニンジン。

    子供って、新しい発見をするとどんどん興味が湧いてきて、夢中。

    ボクが大嫌いだった、カタツムリとニンジンとの距離が、ページを捲る毎に近づいていきます。
    そして最後は、「すきになりそう・・・・」

    実体験させるって、大切です。

    私も、ニンジン色のうんち、見てみたい!

    投稿日:2009/04/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • 赤? 緑? マジで??

    カタツムリが、にんじんを食べるのも知らなかったし、
    しかもウンチが、にんじんの赤やら緑って!
    ほんまかなぁ…。
    ちょっとカタツムリを飼ってみたくなりました。
    「ウンチ興味深々年齢」プラス「小動物大好き」
    の3歳半の娘だけに反応は良かったです!

    投稿日:2010/07/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • かたつむりの生態

    子どもの目線に立った
    人参とかたつむりの観察日記でした。

    かたつむりが苦手な私でも
    かたつむりって面白い!と思いました。
    先入観をもたないこどもでしたら余計興味深く読めると思います。

    いもと先生の絵ですのでとてもほのぼのしているし
    直接書いた文字が本当のこどもの日記みたいで面白いです。

    こういう自由研究を実際にしてみたら面白そうです。

    投稿日:2010/06/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 観察って学ぶことたくさんですね。

    男の子がカタツムリを飼うお話ですが,男の子は昆虫があまり好きではありません。
    そしてカタツムリのえさでもあるにんじんも嫌いなのです。
    男の子のカタツムリ観察,えさであるにんじんの観察もはじって。。。
    題名の「すきになりそう。。。」,てっきりカタツムリのことかと思ったら,にんじんのことだったのですね!
    男の子の観察の着目点がとても素敵に思いました!!
    我が家はハイツでペットは飼えませんが,カタツムリ観察子供にさせたいな〜と思いました。

    投稿日:2017/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • すきになった・・!

    息子が幼稚園の頃、我が家でもかたつむりを観察していました。
    面白いですね。あのにゅるにゅるの身体でどうやってあんなかたい人参を食べるのかと息子も張り付いて観察していたのを思い出しました。

    食べたものと同じ色のうんちをするというのは、なかなか面白いもので、うちでも色々と野菜を変えて実験しました。

    この絵本は、男の子の観察日記のような視点で描かれていて、かたつむりを応援しているだけでなく、途中からは人参にもなんだか愛着が湧いてきて、頑張れ!と応援しているところがとても心和みます。

    すきになりそう・・

    読み終わったあとは、苦手だった人もちょっとそんな気持ちになれるはずです。

    投稿日:2017/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • カタツムリとにんじん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    3歳と5歳の子に読みました。
    カタツムリと…餌のにんじんの観察!
    カタツムリはもちろん、にんじんにも変化があって、おもしろいものですね。
    食べるものによって、変わるカタツムリの色等々、子供もおもしろかったみたいで、一度読んだあともリクエストされる絵本です。

    投稿日:2017/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • へー、そうなんだ!

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    田舎からおじいちゃんが。やってきて、お土産にかたつむりをもらいました。虫がきらいだから、いやだなと思ったのですが、とりあえず、飼うことにしました。
    いもとようこさんの、かわいい絵プラス、手描きで書かれた文字、そして、かわいいかたつむりの絵文字に、ついつい惹きこまれてしまいました。
    題名と表紙からは、ちょっと意外なものが『すきになりそう…』なお話、どうぞ、楽しんで読んでみてください。
    そういうことかと、わたしも試してみたくなりました。

    投稿日:2008/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 観察してできた作品ならでは

    読んでいて、このお話は作者自身が実際に観察したことではないのかなと思いました。あとがきを読むと、やはりかたつむりを飼って観察したということが書いてあり納得しました。

    かたつむりが食べたものと同じ色のうんちをするということは、本で読んだことがありました。

    「すきになりそう…」とは何のことがわからなかったのですが、ぼくはおじいちゃんからもらったかたつむりがきらい、えさのにんじんもだいきらいなのです。

    ふにゃふにゃしたかたつむりが、固いにんじんをどうやって食べるのかな?と不思議に思ったのですが、「ゆっくりとかすように」とあり、なるほどと思いました。

    面倒をみているうちに情がうつっていくのですね。

    にんじんがどんどん食べられても葉っぱは茂っているなど、観察してできた作品ならではの楽しさでした。

    最近、にんじんのことを嫌いな息子がこの本を読んで、にんじん好きになってくれるといいなと思いました。

    投稿日:2008/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • あやちゃんはさつまいものうんち

    かたつむりがにんじんを食べて赤いうんちをするだなんて、この絵本を見るまで知りませんでした。
    この絵本は、おじいちゃんからもらったかたつむりをかうことになった、男の子の観察日記風です。
    文章も手書きでポイントに絵文字が入っていてかわいいです。
    絵はほとんどかたつむりとうんちですが、これがまたとてもかわいらしくて、うんちが並んでいるところはあやちゃんも大好きです。
    こどもってなぜか「うんち」好きですよね。
    そして「かたつむりがうんちをした」と私が読むたびにあやちゃんは、「くさっ」と言います。
    おやつにさつまいもを食べて、この絵本を読んでいたのですが、最後まで読んだところで「あやちゃんさつまいものうんちがでた」と言うので「くさっ」と今度は私が言いましたが大笑いです。
    タイトルのすきになりそうは、かたつむりのことだと思っていましたが、それだけではなかったようです。

    投稿日:2007/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実際に飼って観察しなくちゃ!

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    いなかのおじいちゃんから『かたつむり』をもらって飼い始めたぼく!それがお話の始まりです。

    かたつむりは食べた物と同じ色のうんちをします。それは子どもたちも結構知っていて『見たことあるよ』と言うのに
    人参を食べて赤いウンチをしたときはすごーく喜びます。
    たくさんウンチが並ぶのも喜びます。

    かたつむりは殻があるおかげか、小さい子どもでも意外と触れる子どもが多くお母さんにも可愛いと受ける飼いやすい小動物です。
    こんな風にたくさん子どもが生まれたらすごくうれしいだろうし、ウンチの色も楽しみ・・・
    かたつむりが飼いたくなる本です。

    好きになりそう・・はかたつむりだと思っていたら〜
    最後まで楽しめるお話です。
    子どもが書いている絵日記風なのがとてもあったかくて素敵です。
    かたつむり飼ったら日記もつけたくなるかな?

    投稿日:2007/05/15

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ノンタンはみがきはーみー / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / Chocolat Book(5) ショコラちゃんのレストラン

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット