あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ あきぞらさんぽの試し読みができます!
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!

カガカガふつうだと思う みんなの声

カガカガ 作:日野 十成
絵:斎藤 隆夫
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1997年
ISBN:9784834014518
評価スコア 3.69
評価ランキング 33,669
みんなの声 総数 12
「カガカガ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不思議な絵にひかれて

    図書館で絵が気になったので借りてきました。
    家に帰りさっそく子供に読んでみましたが、
    絵も不思議ですが、お話も不思議。

    石と鳥の子供の”カガカガ”が神様のおつかいに行くのですが、
    何のおつかいだったか忘れてしまいます。

    最後まで読んでも「え?」という感じで消化不良。
    まずカガカガは長いヘソと長い尻の穴を持っています。
    途中で出会うハゲワシとのやり取りで
    尻の穴が活躍するシーンでは子供たちはゲラゲラ笑っていましたが、
    クマが殺されてしまうあたりから黙っていました。
    ドンドン話は進みますが子供の表情は微妙…。
    娘は「この黒いの(ミンク)が神様?」などと言っていました。
    息子は長いお尻の穴ばかり気にしていました。
    私はお尻の穴がこんなことになるなんてショックでした。
    個性的なイラストが不思議なお話にピッタリです。

    投稿日:2008/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 内容も絵も奇抜で・・

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    昔から伝わっている話かと思って読んだら・・創作の絵本でした。
    「石」と「鳥」の子供カガカガが神様のお使いをする話しです。
    絵は齎藤隆夫さんですが独特の風合いです。
    へびより長い「おへそ」とながいしりのあなをぶらさげているカガカガ・・
    いじわるされたはげたかへの仕返しにはこのながいしりのあなを使いました。
    そんなしりのあながほしいと言ったくまはだましていきなり殺してしまうなど、内容も「えっ!」と思う展開です。
    小さい子向きではないかも・・・?

    最後に知恵のあるミンクによってきりきざまれたながいへそ。「大事へそがこんなになって、何ができるんだろう」と泣き叫ぶと涙で湖ができ・・神様の言いつけを思い出したのです。
    ちいさいへそを「これはじゃがいもと呼ばれるよ」とじゃがいもをつくり「とれはトマトとよばれるよ」とトマトを作り・・
    神様からのお使いは「人間への贈り物」でした。

    今の世界を作ったお話だと思います。内容も絵も奇抜です。一度自分で手にとって見てください。子供たちもちょっとびっくりの絵本でした。

    投稿日:2006/06/27

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ちいさな死神くん / ちいさなエリオット おおきなまちで

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(12人)

絵本の評価(3.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット