貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ごきげんならいおんなかなかよいと思う みんなの声

ごきげんならいおん 作:ルイーズ・ファティオ
絵:ロジャー・デュボアザン
訳:村岡 花子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1964年04月
ISBN:9784834000214
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,077
みんなの声 総数 52
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ほっとしました

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    いつだってごきげんで、皆とあいさつをかわす人気者のライオンさん。
    でも、そのライオンがおりから飛び出してきちゃったら…。
    いつだって行儀よく紳士にふるまうライオンが、殺されてしまうかも?とハラハラドキドキして、結末にほっとして…
    子ども達の感情の揺れがおもしろかったです。

    掲載日:2017/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友だちになりたい

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     いいなあ、いいなあ、の連続でした。
    「そんなライオンとなら、ぜ〜ったい友だちになる〜!」と申しておりました。
    デュボアザンのこの絵に惚れ込んでしまったらしいのです。
    適当な線なのに、白地に効いてカッコよくて
    大ざっぱ〜な色なのに、こころに焼きついて
    ヒャッ〜なんて、もろ手を上げて逃げてくおばさんなんて
    まねっこしきり、ヤンヤヤンヤでいいなあを連発。
    あ〜おもしろい。感謝、感謝です。

    掲載日:2014/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなが幸せになれる形

    • かよたさん
    • 30代
    • その他の方
    • 香川県

    友人に薦められて読んでみました。
    だいたいのお話を聞いていましたので、読む前からハッピーエンドは分かっていたのですが、ライオンが捕まりそうになると何とも言えない悲しい気持ちになりました。

    最後はみんなが幸せになれる形が見つかってよかったと思いました。

    「態度の変わらない動物たちと、変わってしまった人間たちの違いは何だろう」 と考えさせられました。

    掲載日:2014/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 展開が気になりました

    5歳の息子に借りてきました。
    文字数は結構ありますが、最後までしっかり聞けていました。

    動物園から出てきたライオン。
    最後はどうなるのか展開がとても気になりながら読み進めました。
    イラストも優しくパリの街中ということでおしゃれな雰囲気もあり
    視覚的にも楽しめました。

    とっても優しい穏やかなライオンなので
    みんなどうして怖がって逃げているのか
    息子には少し?? な感じでした。

    最後はちゃんと動物園に帰れるし
    誰も怪我したりせず安心して読み聞かせできました。

    掲載日:2013/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいライオン

    穏やかで優しい性格のライオンなのだと思いました。
    ところが、人間のほうはというと・・・
    普段の穏やかな様子を知っていても、「ライオン=猛獣」というイメージで見てしまうのでしょうね。
    檻の中と外では、180度変わっていましたね。
    その気持ちはよくわかるのですが、やっぱり、ライオンがかわいそうにもなりました。

    掲載日:2013/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人気者のライオンですが、町を歩いていたらやっぱり恐いでしょう。
    逃げまどう大人たちと、それを意に介さない少年。
    少年のおかげで、無事動物園に戻ったけれど、あまり当たり前に絵本の面白みが失せてしまいますね。
    何が起こっているのか解らないライオンさんと、大人たちの慌てふためきの対比が楽しかったです。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • デュボアザンのおしゃれな絵

    デュボアザンのおしゃれな絵が大好きです。ユーモアもあり、やさしくもあり、見ているだけでほのぼのとした気分にさせてくれます。
    全く悪気のないライオンを見ていると、勝手に大騒ぎしている町の人たちが滑稽に思えてきます。いつもごきげんでいることは、何事にも強く、何事よりも大事だなと感じさせてくれます。
    違う出版社からシリーズでたくさん続編がでているようなので、そちらも読みたくなりました。

    掲載日:2012/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごきげんならいおんでよかった

    ごきげんならいおんに対しての人々の態度が、あまりにも
    極端で(でもきっと自分もその場にいたらそうしちゃったと
    思う)、そのせいで、らいおんがごきげんではなくなったら
    どうしよう!?とどきどきしてしまいましたが、フランソワの
    おかげで、まあるくおさまりよかったです。
    なんといってもいちばんのなかよしだものね♪
    置かれている状況によって、人の気持ちってこんなにも、
    ころころとかわってしまうものなのですね。
    私も胸に手を当てて反省しよう。

    娘は、「フランソワ」という名前に、にんまりと反応していました。
    バーバパパと一緒だねえ。フランスではポピュラーな名前なのかな?

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 檻の中と外では違うんだよね

    4歳3ヶ月の息子に読んでやりました。いつもいろんな人にかわいがってもらっているライオンは、ある日檻の外にでることができてしまいました。いつもかわいがってもらっている人たちに自ら会いに行こうとしますが、大変なことに。凶暴なライオンが逃げ出した、と道行くひとは恐れますし、いつもかわいがってくれる人さえ逃げ出す始末。檻の中と外での扱いがこれほど違うのかと驚くばかり。そんな中、ひとりだけ助けてくれました。人間の二面性というか、状況によって態度が変わってくることがわかってしまうこの絵本。息子にはどう映ったでしょうか。いい意味でそういうことがあるんだ、と理解してくれればいいのですが。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ライオンの気持ちになったら

    いつもは動物園の家にいるのに、たまたま外に出たらみんながいつもと態度が違う。
    たしかにライオンの立場になってみると、いつもと同じことをしているのに回りの反応があんまりにも違うと違和感を感じるだろうな。
    うちの子供にはちょっと早かったかなと思いました。が、本人は面白かったといっていました。5歳ぐらいになったらもっと本の内容を理解してくれるかも。

    掲載日:2010/11/14

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ


日本出版10周年記念! アリスン・マギーさんインタビュー

みんなの声(52人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット