貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

まるまるふつうだと思う みんなの声

まるまる 作・絵:もも
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2003年
ISBN:9784265058525
評価スコア 3.94
評価ランキング 31,440
みんなの声 総数 15
「まるまる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ダンゴムシ

    • Yuayaさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子9歳、女の子6歳

    まるまる びろーん ぶかぶか・・・などの表現で紹介されるダンゴムシの生態。
    小さい子でも理解できる内容です。
    最後のページを読むとダンゴムシの詳しい生態が書かれ、「へー!」と興味深そうにしていた娘です。
    娘くらいになると最後のページくらいの内容の方が興味あるようです(苦笑)

    掲載日:2012/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • だんごむしのことがわかります

    娘は虫を触るのは苦手ですが,だんごむしは触れます。
    だんごむしがえびの仲間だなんて,私も知りませんでした。勉強になります。
    絵と文がスッキリしていて,読みやすいです。
    でも,シリーズの「ぱくぱく」の方がお気に入りです。

    掲載日:2008/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • うーん

    • ぴちこんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子1歳、男の子1歳

    パラパラと見たときは、はっきりとした太い輪郭でとてもかわいらしい絵と短い擬音語(擬態語?)のみの文が子どもたちにウケるだろうなぁと思ったのですが、珍しくぜんぜん興味を示してくれませんでした。。

    読んでいる私がでてくる言葉にいまいち共感できなかったのも原因かもしれません。

    絵のタッチなどはとてもすきなのですが、少し残念でした。

    てんとうむしなどの虫が出てくる本は大好きなので、また違っただんごむしくんの本を読んでみようと思います。

    掲載日:2008/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • だんご虫カワイイ

    だんご虫にスポットをあてるなんて!
    意外とカワイイかも。

    どきっとして「まるまる」
    脱皮して「ぬぎぬぎ」とか
    親しみがわきます。

    うーんでもやっぱり虫キライ。

    1歳の娘はまだだんご虫を知らないので、
    この本を見て興味を持ってしまうかも…。

    掲載日:2007/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『星のゆうびんやさん ハイタツマン』「アキレスケンさん」 インタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(3.94)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット