もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

にじいろのさかなとおおくじら」 パパの声

にじいろのさかなとおおくじら 作・絵:マーカス・フィスター
訳:谷川 俊太郎
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1999年10月
ISBN:9784062619936
評価スコア 4.37
評価ランキング 11,523
みんなの声 総数 26
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子供が共鳴

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    次男が大好きなにじいろのさかなシリーズです。

    私も、マーカス・フィスターの作品は皆好きで、彼の作品な

    ら安心して読めます。

    今回の作品は、にじいろのさかなが、どうも敵のように思え

    る大きなくじらに勇気を持って話合いに行って、仲直りする

    というお話です。

    どの世界にもあるお話ですが、子供もやはり自分自身をにじ

    いろのさかなに投影して、共感を覚えるようです。

    ストーリーがとても身近に感じられる優れた作品で、子供に

    考えさせることの出来る絵本です。

    投稿日:2007/03/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 先入観のはなし

    しましまとも仲間になったにじうおたち。
    楽しく暮らしているところに大きなクジラが現れて、いつも自分たちを見つめています。
    自分たち食べているプランクトンをすっかり食べてしまいました。
    この絵本はにじうおたちの先入観の話。
    くじらは友だちになりたかっただけ…。
    それにしてもこれだけ大きさのちがう、さかなではないくじらがどうしてともだちになれるのかはわからないのですが、決して怖い存在ではないことを知ることができたのは、くじらと話をしたおかげ。
    勇気を出してくじらと話をしたにじうおはリーダーになっていました。

    それにしても理解し合うことって大切ですね。

    投稿日:2010/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほらね、寝ちゃってるでしょ!

    好きな本を買ってあげると行ったら、3歳児はこの本をえらびました。内容的には特に感じるところはなかった見たいですが、兄貴とどの魚がきれいか、はなしあっている。寝てる魚がお気に入りらしい。
     最後の皆で出かけるところは、魚がいっぱい出てくるので特に気に入っている。暗誦しているので、最初に聞いたときは、いつのまにか字が読めるようになったのかとびっくりしてしまった。
     とにかく光っているものは何でも、こどもには魅力的らしい。変なの。

    投稿日:2004/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.37)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット