話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

やまんば山のモッコたち」 その他の方の声

やまんば山のモッコたち 作:富安 陽子
絵:降矢 なな
出版社:福音館書店
税込価格:\1,650
発行日:2000年
ISBN:9784834017236
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,812
みんなの声 総数 12
「やまんば山のモッコたち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「やまんば山のモッコたち」は、時にわくわくして、時にとてもおもしろいお話だと思いました。 

     私が1番おもしろいと思ったお話は、「ガタロ沼の水曜日」です。
    このお話では、まゆのお母さんのやまんばと、カッパのヒムカ女王がおすもうをとります。
    どっちが勝ったかと思いますか?
    やまんばが勝ちました!
     
     私はまゆもすごいと思います。
    だって、まるは、ヒムカ女王いがいのカッパをぜんぶほうりなげてしまったからです。
     かっぱの中に、七千坊というカッパがいます。
    七千坊は強いカッパです。でも、まゆは一しゅんのうちに、七千坊をほおりなげてしまいました。

     ほかにも、わくわくするお話があります。
    まゆのたんじょう会をするお話です。
    まゆのたんじょう会には、やまんば山のどうぶつたちがぜんいん来ます。だから、おりょうりを作る大なべやかまどが13こもいりました。

     やまんばの作るおりょうりは、どれもとてもおいしそうです。
    私が食べてみたいなあ、と思ったのは、ヤマナシのジャムと、クルミのはちみつに、かやくごはん、クリームスープ、ヤマモモのさとうづけ、木いちごのジャム、あげコロもち、やまんばじる、やまんばもちです。

     まゆとけいたは、ケーキをやくようにと、やまんばに言われました。
    けれど、まゆがケーキの作り方をまちがえて、とんでもなく大きなおばけケーキができてしまいました。 
       
     まゆとけいたは、アイスクリームを作るのをわすれていました。
    そこで、雪女をよびに行きました。雪女は、アイスクリームをいっしゅんでこおらせてしまいました。
     雪女のこおらせたアイスクリームは、ひんやりつめたくて、きらきら光っていて、とろーりしていて、とてもおいしそうで、私はおなかがぺこぺこになりました。

     その後、みんなでごちそうをいっぱい食べます。
    おいしいといいですね。

    投稿日:2012/02/06

    参考になりました
    感謝
    3
  • 季節の移り変わり

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    富安陽子さんが大学生の時に書いた作品ということに興味を持って読みました。
    山の季節の移り変わりを感じるお話でした。
    「やまんば餅」の章では、昔、祖母がよもぎ餅を作ってくれたことを思いだし懐かしかったです。
    挿絵の降矢奈々さんは、「富安さんは山姥に似ている」と思われたそうです。
    そして、絵の山姥も富安さんにそっくりな気がしました。
    「まゆのおはなしシリーズ」は未読なので、これから読みたいです。

    投稿日:2021/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワタシの!愛読書

    もともと児童書が大好きすぎて、大人の小説へ移行できなかったワタシ。
    長男妊娠中に、富安陽子さんの本と図書館で出会いました。
    最初に出会ったのは「れんげ畑のまんなかで」。
    おいしそうな描写と、ドキドキな展開、心の中に風景が浮かんでくるような言葉の流れが、ビンゴ!!でした。
    そして次にであったのが、この「やまんば山のモッコたち」だったのですが、これまた、貸し出し期間中に何十回読んだでしょう。
    一生離れられない本だと悟り、購入となりました。
    特に、やまんばとまゆの「春の買物」部分は、とーーても好きで、娘とこんな風にお買物に行くのが、今でもワタシの夢です。
    もちろん長男にも読み聞かせをしました。
    彼の夢は、ボサボサと雪の降る日に、やまんばの揚げコロ餅を食べることだそうですが、あいにくと、私たちの住んでいるタウランガでは、雪が降りません。
    もうすぐ4歳になる娘は、今のところ、まゆのようにまっすぐ育ってくれています。ワタシの方は、目指しているのはもちろんやまんば!ですが、どちらかというと「ばばばあちゃん(も大好きなのですが..汗)」。
    10歳の長男と同い年のワタシの愛読書「やまんば山のモッコたち」を片手に、まゆとばばばあちゃんのふたりで、やまももではなく、リンゴのジャム作りに精を出しています。

    投稿日:2012/05/14

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのにちようび / うずらちゃんのかくれんぼ / まるくて おいしいよ / おべんともって

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



愛を伝える絵本 レビューコンテスト

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット