しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

しずかでにぎやかなほんなかなかよいと思う みんなの声

しずかでにぎやかなほん 作:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:レナード・ワイズガード
訳:谷川 俊太郎
出版社:童話館出版
本体価格:\1,400+税
発行日:1996年
ISBN:9784924938618
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,660
みんなの声 総数 16
「しずかでにぎやかなほん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しい音の世界

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    5歳の息子に読みました。

    音を題材にした絵本です。じっと耳を澄ますと、普段は聞き逃している音もとてもにぎやかに楽しく聞こえてくることにはっとさせられ、本来は音は出ないと思うような場面を音で表現してあるところはとても新鮮です。

    谷川俊太郎さんの日本語訳がとても美しいです。

    でも、息子にはやや退屈だったようです。もっと小さいうちに読めばまた違っていたのかもしれません。

    掲載日:2013/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力

    「どんな音だろう?」と、想像力が刺激されるような絵本ですね。
    「バターが とけてゆく」だったり、「あおいはなが さきかけてる」というように、実際には耳を澄ましていても聞こえない音なのですが、文章と絵からイメージが広がります。

    掲載日:2013/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • しずかでにぎやか?

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    まず、相反するふたつの言葉が題名なのに、興味を持ちました。
    「しずか」で「にぎやか」って一体・・・?

    どの表現も、自発的に考えられるものではなく、言われるとなるほど〜という感じ。色といい言葉といい、表現が素晴らしいです。この感覚がハマる方にはおすすめですが、苦手な方もいるかもしれませんね。

    掲載日:2009/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力をかき立てる

    図書館のお勧め絵本だったので借りてきました。

    小さな音を色々な言葉で表現しているので、どんな音だろうと頭の中で想像力を掻き立てられました。
    鮮やかな色と、時には直線的であったり、曲線的であったり、いずれにしても抽象的な絵がその手助けをしてくれました。

    この本を読んだ後は息子もなぜか、とても小さな声で話してました(笑)

    掲載日:2008/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんな音でしょう?

    ブラン&ワイスガードのコンビによる作品で、
    お友達がおすすめしてくれたので、読んでみました。

    が最初読んで思ったこと。

    「読み方分からない〜(>+<)」
    色鮮やかな挿絵なのに、文章はすごい神秘的。

    子犬のマッフィンが目覚めた音ってなに?

    ありがはってる?
    はちがびっくりしてる?

    っていわれても、なんやねん!それ!と
    ついつい関西的なノリで突っ込みたくなってしまうのです。

    そんな感じで、最初は読み出してしまったので、
    いまいちこの絵本の良さがわかりませんでした。

    それから数日たって、リベンジと1人で読んでみました。
    ゆったりと、書かれている言葉を読んでいくと・・・

    「あ、こういう絵本なのね〜。
    うわあ、なんか音聞こえてきた!」
    と思えたのです。

    で、再度息子に読み聞かせ。

    今度の読み聞かせは良かったのか、
    息子君にも少しは伝わったようです。

    たぶん、この最後の音、というかマッフィンが
    感じた音は、読み手1人1人にとって全然違う音
    として聞こえるんでしょうね♪
    そしてそれはとっても表現が難しいのでは?
    と思いました。

    だからこそ、何でもNOと最初にいっていたのかなあ。

    原書は読んでいないので、分かりませんが、
    一言Noというのでも、色々な言い方がある。
    そのあたりの訳し方は、さすが谷川さんだと思いました。

    掲載日:2007/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなコンビの絵本。

     この絵本は、「へー、なるほど」と、その表現に感心しながら読み進めることが出来ました。
     子どももじっと聞いていましたが、こういう味のある絵本は人生のうちで事あるごとに読み返したい本です。
     とても静かなお話ですが、その絵がなんだかカラフルで元気があって にぎやかな感じがします。そういうことで、この題名をつけたのかな?
     このコンビの絵本は、ほかにもたくさんありますのでどうぞそちらも読んでみてください。

    掲載日:2007/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • この本は、童話館ぶっくくらぶから送られてきた本です。
    おばあちゃんからのプレゼントでとっているのですが、
    自分で選ぶのではないので、気乗りしない本が送られてくるときもあります。

    この本も、はじめは、あまり気に入らなかったのですが、
    久々に、開いてみると、なかなか面白い本だと思いました。

    物語…というのではないのです。
    ”しずかなおと”はなんだろう…と、とてもシンプルな言葉とにぎやかな抽象的な絵とともに、ページを進めていきます。

    ”しずかなおと”は朝の音でした。

    そして、いろいろな朝が始まっていきます。

    うちの子は、4歳。
    興味が、自分から、他の人にも移ってきています。
    今の時期、読んであげたい本です。

    思うような、反応は、まだ、戻ってきませんが、この大胆な色使いを見せるだけでも、意味深いと思います。

    掲載日:2006/04/23

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



刀根里衣さんの最新刊発売記念!ギフトにぴったりの絵本

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット