宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

岩波少年文庫 長くつ下のピッピ」 じいじ・ばあばの声

岩波少年文庫 長くつ下のピッピ 作:アストリッド・リンドグレーン
訳:大塚 勇三
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\680+税
発行日:2000年06月16日
ISBN:9784001140149
評価スコア 4.42
評価ランキング 10,196
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いつでも元気な女の子

    リンドグレーンさんの代表作、だれもが知っているピッピ。
    本当に久々という感じで、最近目を通したら、ン?と言う箇所がちらほら、
    そこぬけに楽しいお話だったはずなんだけどね。
    あたまの固いおばあさんになってしまったかな。
    発売当時の批判する大人の気持ちも、ちょっぴりとわからないではありませんが、
    でも、もっと続きを書いてと喜んだ読者の気持ちの方がたくさんわかるような気がします。
    ピッピが怪力でなんでもでき、なおかつとても優しい心の持ち主なので
    力で正義を貫くことができます。
    3冊のお話の、とっても前向きで強いピッピは
    子どもたちに元気を与えてくれると思います。

    投稿日:2017/07/01

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / あらいぐまのアリス

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • みかんのひみつ
    みかんのひみつ
    作:鈴木 伸一 監修 絵:岩間史朗 写真 出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    冬の代表的な果物、みかん。みかんの実の特徴やなり方などを美しい写真で紹介します。


絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット