どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃんの試し読みができます!
作: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
わが子にそっくり!何回よんでもママもパパも楽しいロングセラー絵本
☆うさこ☆さん 30代・せんせい

まっすぐに進む先には…
ももんちゃんシリーズの1作目ということ…

プラスマンと カズカズせいじん」 ママの声

プラスマンと カズカズせいじん 作・絵:みやにし たつや
監修:坪田 耕三
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2014年03月25日
ISBN:9784052039591
評価スコア 4.3
評価ランキング 15,623
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 数の概念

    小学校のおはなし会で読みました。
    たまには算数ものを、とセレクト。
    ちょっとベタなキャラクターですが、
    数の概念を盛り込んだ、意外に奥の深ーい作品です。
    砂遊び中の子ども3人が、突如現れたカズカズ星人にシャベルを取り上げられ、
    問題を出題されるというわけですね。
    お題は、1から10までの数の概念。
    5以上は難しいので、懇切丁寧なレクチャー付き。
    なるほど、こういうふうに教えるのですね。
    みやにしさんらしく、人情味あふれる物語は健在です。
    注目は0の概念もしっかり盛り込まれていること!
    そう、この視点に拍手!です。
    子どもたちも、問題の度に一緒に考えて答えてくれましたよ。

    投稿日:2016/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数字の勉強に

    このお話は、数を使って皆を困らせるカズカズせいじんと正義の味方プラスマンとのお話でした。絵本お腹の子供たちが、カズカズせいじんが出す数の問題をプラスマンと協力して問題を解いていくのが、うちの子も一緒になって解いていてとても楽しそうでした。

    投稿日:2015/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数字の勉強になりますね

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    問いかけてくる絵本なので問題をいっしょにやっているうちに自然と数字の勉強ができますね。子供がよくわかっていないうちはお家の人がいっしょにやってあげるといいと思います。
    3歳の子に読みましたが、まあまあできました。
    カズカズせいじんの意外な顔をラストで見ることができますよ。

    投稿日:2014/12/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数の感覚を身に付ける絵本

    図書館から借りてきて、5歳の娘と読みました。

    砂場で遊んでいると、突然現れたカズカズ星人にシャベルを取られてしまい、
    「今から出す問題に間違ったらこのシャベルはもらっていくぜ!」と言われてしまいます。
    カエルを数えたり、風船を数えたり。
    楽しく数の勉強ができる一冊です☆

    足し算のあしがかりになるような数の数え方がお話の中に出てくるので、
    小学校1年生が読んでも楽しそうだなと思いました。
    5歳の次女も、楽しそうに答えてくれました。

    あんまり小さい年齢で、「数のお勉強!」として読むと楽しくなくなってしまう気がするので、
    ある程度数が数えられるようになってから読んだ方が楽しいと思います。

    数を数えながら読むので結構時間もかかりますが、
    ストーリーもきちんとあるので飽きずに楽しめました。
    数の感覚を身に付ける絵本のようです☆

    投稿日:2014/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数に興味がでます

    小学1年生になった長女に借りてきました。ちょっとでも数への興味がわいてくれたらなーと思って読んでみました。1年生には簡単なんですけど、長女は算数が好きじゃないようなので(笑)

    絵の中からいろんな物や生き物の数を探すお話です。絵本なのでとても楽しみながら数に触れていました。途中で4歳次女も参加して二人で「私が数えるー」と言い合いながら楽しんでいました。算数に興味がわく絵本になっていますよー。

    投稿日:2014/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数のえほん

    お勉強のえほんです。5歳の息子たちにはぴったりの絵本でした。数を数えたり全部で物が何個あるか考えたりとか。巻末には大人向けのかいせつも載っています。指で数を数えるのはよくなのでこの絵でも見て数を答えていました。この絵本では5が基本になっていて8だと5より3多いからと解説していました。あと宮西達也さんの絵が好きなのですんなり頭にもはいったようです。

    投稿日:2014/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • さんすう苦手にならないかも

    4歳の息子と7歳の娘と読みました。
    読むと数のお勉強にもなっちゃう絵本。ふたりで声を出しながら数を数えたり、とても楽しそうでした。
    7歳にはちょっと簡単だったかな?4歳の息子にちょうどいい内容でした。こんな風に楽しく学べたら、数のことに苦手意識を持たないですむかもと、ちょっと期待しちゃいます。

    投稿日:2014/04/17

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット