おつきみおばけ おつきみおばけ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
お月見の夜、おばけの子は泣いているうさぎの子をなぐさめてあげようと、おばけの子はお月見団子に化けてあげました。すると・・・。

いやだ あさまで あそぶんだぃ」 ママの声

いやだ あさまで あそぶんだぃ 作・絵:ヘレン・クーパー
訳:ふじた しげる
出版社:アスラン書房
本体価格:\1,600+税
発行日:2004年
ISBN:9784900656383
評価スコア 4.43
評価ランキング 9,401
みんなの声 総数 27
「いやだ あさまで あそぶんだぃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • たいてい言いますね

    このお話は、子供が寝るのを嫌がって自分の部屋を冒険しているお話でした。自分の部屋にあるおもちゃたちにたくさんあったのですが、みんな夜なので眠そうなので男の子はつまらないです。自分もだんだん眠くなってきて悲しくなった時にお母さんが迎えに来てくれました。お母さんの温かい愛に包まれてぐっすり眠っていきました。寝る前に向いているお話ですね。

    投稿日:2014/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家の子供たちのセリフ

    いつもなかなか寝付けない我が家の子供たちのセリフのような題名!と思って手に取りました。幻想的な挿絵で、絵本の中に吸い込まれるような感覚で読み始めました。
    まだまだ寝たくない男の子が、オモチャの世界に入り込んで、車に乗り込み、汽車や兵隊たちに声をかけます。でもみんな「もう寝る時間だよ」と眠ってしまい、男の子はひとりぼっちになってしまいました。
    でもひとりだけ、寝ないで迎えにきてくれる人が・・・「とても とても つかれているのに ぼうやがねないと やすめないひと」にドキッ。「早く寝なさい!」と怒鳴るのではなく、この絵本の中の温かなお母さんになれたらなと思いました。
    この絵本を読んだら、男の子と同じように眠くなってくれるかも。お休み前にピッタリの絵本です。

    投稿日:2014/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいママ

    私が5歳3歳の娘達に借りました。「まだ寝たくない。まだ遊ぶ」なんてしょっちゅう。今は春休みなのでまだいいのですが、幼稚園が始めると困り物です。

    この絵本にでてくる男の子、性別だけちがいますが、我が家の姉妹のようです。男の子が止めるママのことを聞かずに、車に乗って走っていくと、いろんな動物達、汽車や楽隊に会い、「遊ぼう」と誘いますが「もう寝る時間だよ」といわれます。途中で車も眠ってしまい、困った男の子。そこに来たのは・・・。

    是非読んでみてください。

    投稿日:2013/04/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛しい子

    自分以外のみんなが眠ってしまう。なんてさびしいことでしょう。
    真っ暗闇に佇むぼうやが息子と重なって愛しくてたまりません。
    おかあさんにぎゅっと抱きつく坊やの絵がとてもとても素敵です。
    最後に坊やの部屋の中を眺めながら余韻に浸りました。

    投稿日:2010/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一目みて、とりこになりました

    まず、目をひいたのが「いやだあさまであそぶんだぃ」というタイトル。
    翻訳絵本は数ありますが、これは、なんと魅力的な訳ではありませんか。
    (原題は「眠ろうとしない赤ちゃん」)
    夜ふかし大好きな息子は大喜び。
    「いやだあさまであそぶんだぃ」と大声で何度も繰り返していました。

    そして、自動車に乗って冒険の旅に出かけたぼうやが出会うものたち。
    どこまでが夢か現実かわからない、なんともいえず幻想的な世界が広がります。
    読みすすむ内に、自分が絵の中に入り込んだような錯覚さえ起こしました。

    「とても、とても、つかれているのに、ぼうやが、ねるまでは やすめないひと」
    この一言に思わず涙が出ました。
    このお母さん、決して美人ではないのですが、まさに、すぐそこにいそうなお母さんなのです。
    丸々太ったぼうやを、身体中でしっかり抱き締めるお母さん。
    無造作にくくった髪。
    ひたいにかかった縮れ毛。
    少し眉間に力を入れて閉じられたまぶた。
    その一枚の絵に、すっかり心を奪われてしまいました。

    手元に置いて、何度も何度も読み返したくなる本です。

    投稿日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなことありました

    ちっとも眠らなくて困っていた息子の小さい頃を思い出しました。

    あの時にこの絵本を読んでいたら、少しは大らかに多めにみられたかもしれないななんて思いました。

    読んでいる最中は文だけしか目に入らなくて、最後寝室にトラがいたので、もう一度最初から読み直してしまいした。

    ぼうやが話しかけていたのは、おもちゃたちだったんですね。

    ぼうやがおかあさんに抱きつく場面には愛情が感じられてほっとしました。

    あの場面には、お母さんへのねぎらいも感じられて心が温かくなります。

    もし、子どもが寝なくて困っているお母さんがいたら、「困っているのはあなただけじゃなよ」と勧めてあげたい本です。

    投稿日:2009/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な絵本!

    我が家の子どもたちは大抵はきっちりと9時にはねむってしまうので
    こういう風にだだをこねられて事がないので
    子どもたちも「ほっといたらねむくなったら寝るんじゃない?」なんて
    話してましたが、お話しを読み始めると
    兵隊さんが出てきたり、とらが出てきたり、かえるの王様?が
    登場してきたり・・・まるでおとぎ話の世界のような挿絵と
    お話しに心を奪われてしまったようで、じっくりのぞき込んでます。
    とくに月にお話しをするシーンは
    だれもがうらやむ場面ではないでしょうか?
    さて、その仕掛けもしっかりとラストで種明かしをしてるのですが
    まあ!こんなところに!!と、またまたじっくりと
    答え合わせのように読み返すのもおもしろかったです。
    そして、このお話しの1ばん注目するところは
    なかなか寝付けない子のにはやっぱり・・・。
    その愛情たっぷり溢れる場面では、微笑ましく、温かなきもちになり、
    一緒にお話しを楽しんでるお子さんは、安心感でいっぱいになり
    ぐっすりと寝付くことができるでしょうね。
    是非、おやすみまえに楽しんでみて下さいね。

    投稿日:2008/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • おやすみなさいできるかな?

    • ミトミさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子8歳、男の子0歳

    「かぼちゃスープ」で、ファンになった
    ヘレン・クーパーさんの作品だったので借りてきました。

    やはり今回も可愛い絵、そして可愛い物語です。

    子供なら一度は「朝まで起きていた〜い!!」
    って思ったことことあるはず。

    この絵本もそんなお話しです。

    朝まで起きて遊びたい男の子。
    でもみんな眠くて遊んでくれません。

    子供って「起きていたい」って気持ちはあるんですが、
    途中でものすごく眠たくなってしまうんですよね。

    そんな我慢の限界の姿。と〜ても可愛いです(笑)。

    そんな可愛い姿を見ることできますよ。

    このお話しは、だんだん眠りに誘ってくれるように書かれているので、
    寝る前に読むといいかもしれませんね。

    素敵な夢が見れるかもしれません。

    投稿日:2008/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 眠らない坊や

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子12歳

    おやすみの時間だというのに、お母さんの言葉に反抗して
    おもちゃの自動車で遊んでいる坊や。
    坊やはお母さんを振り切って猛スピードで走り出しますが・・・。
    親にとっても子どもにとっても、共感できるシチュエーション。
    それだけに、後半の展開は何とも心に迫ってきます。
    やっぱり、お母さんって、偉大!
    私も我が子の寝付かせで苦労したことを思い出しました。
    子守唄に込められた母の想いを実感したことも。
    『かぼちゃスープ』の作者の作品。
    表紙を見ただけで、ピピッときました。
    幻想的な絵も健在。
    読み聞かせしている最中に、読み手が寝てしまうかも!?

    投稿日:2008/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 安心して眠れそう

    「おやすみの時間よ」と言うママから
    「いやだーい」と逃げ出すぼうや。
    赤い車に乗ってエンジンをふかして逃走します。
    行く先々で遊び相手を探しますが・・・

    初めて読んだ時、息子が子ども部屋のページで
    「ああ!!」と叫びました。
    ぼうやの部屋には、ぼうやがこれまでのページで
    冒険してきたシーンで見覚えのあるものがイッパイだったからです。
    全部のページに戻って確認しなおしました。
    そして、とても満足そうでした。
    最後の「おやすみなさい」の言葉と同じに
    気持ちよく布団にもぐってくれます。
    寝る前の絵本として何度もリクエストされます。
    眠る前にピッタリの絵本です。
    私も優しい気分になれました。

    投稿日:2008/06/23

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その3

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット