ロングセラー
じっちょりんのあるくみち

じっちょりんのあるくみち(文溪堂)

春のみち、下を向いて歩くのが楽しくなる絵本。

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ともだち いっしゅうかん

ともだち いっしゅうかん(偕成社)

人気シリーズの番外編! リズムにあわせて楽しく読んでください♪

  • かわいい
  • ためしよみ

しりたがりやのこぶたくん自信を持っておすすめしたい みんなの声

しりたがりやのこぶたくん 作:ジーン・バン・ルーワン
絵:アーノルド・ローベル
訳:三木 卓
出版社:童話館出版
税込価格:\1,540
発行日:1995年11月
ISBN:9784887502239
評価スコア 4.64
評価ランキング 3,053
みんなの声 総数 13
「しりたがりやのこぶたくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お子さんと幸せな時間を感じてください

    「こぶたくん」を読んで次にこの本を読みました。

    またまた幸せを感じました。

    お母さんの「ひとりでいたいの」「かあさんの休日」には、とても共感できました。

    子どもの気持ちを肯定する本はたくさんありますが、お母さんまでも肯定してくれる本は珍しいと思います。

    家族や子どもと過ごす幸せは充分感じていても、母親が一人でいることや休日をとることは後ろめたさがつきまといます。

    それをさらっと書いてくれるのは、とてもうれしかったです。

    「おやすみのじかん」は、うちの息子のことかと思い、読みながらクスクスとしました。

    うちの息子も眠れない、お茶飲みたい、暑いと全く同じことを言います。

    息子は「お母さん、息子とおんなじって感想書くんでしょ」と言ってきました。

    もちろん、書きますとも。たくさんの人に読んでもらいたいですからね。

    図書館によっては、絵本のコーナーでなくて、児童書のコーナーにあるかもしれませんが、ぜひぜひ手にとって、お子さんと幸せな時間を感じてください。

    お父さんがつま先を温めてくれる「ききたいこと」はお父さんと読んでもらいたいと思います。

    投稿日:2009/04/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 親子で読みたい絵本!

    「こぶたくん」もよかったですが,こちらの「しりたがりやのこぶたくん」も本当に素敵な絵本です!
    絵本と言うより児童書と言ってもいいかもですが。
    日常の幸せ,日々の気持ち,子供も大人もこのこぶたくん親子に共感するのではないでしょうか。
    ありふれた毎日こそが幸せと思える絵本です!
    子供から大人まで幅広い世代が楽しめる絵本ですね。

    投稿日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • どのお話もいい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    お話が5話入っていますが、どれもいいお話でした。
    子どもに読んであげたいお話ですね。
    1話1話が短いので読みやすいです。
    こぶたくんの家族が登場するあたたかいお話。
    みなさんもおっしゃってましたがおかあさんの気持ちが分かるなー。
    「こぶたくん」も読んでみたいと思いました。

    投稿日:2014/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんに共感

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    5歳の息子が好きなシリーズです。

    こぶたくんの行動はこれくらいの年齢の男の子そのものなんでしょうか。どのお話も共感できるようです。ぺぽかぼちゃ、気になりますね。

    でも息子以上に私がこぶたくんのお母さんに共感してしまいます。でも、それを狙っているわけではなさそうなところがますます気に入っています。

    投稿日:2013/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子でお気に入りです

    共感できる、とても素敵なブタさん一家のお話です。 

    三木卓さんの訳が素晴らしいです。分かりやすくてリズムもいいので読みやすく聞きやすいです。
    作者の母親としての愛情が溢れている作品で、子供たち、親子の関わりが本当に共感できる内容で描かれていると思います。

    母親の私としては、『ひとりでいたいの』の一話はまさに「そうなのそうなの!ママもひとりでいたいの!」と大のお気に入りです(笑) でも、お話と同じで、ひとりになってもやっぱり最終的には子供と一緒にいたいんですよね。

    一冊に5話収録されていますが、どのお話もオススメです。

    投稿日:2013/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝る前にどうぞ

    寝る前の読み聞かせにぴったりです。
    絵も少ないので子供たちは母の声を聴きながら自分の頭の中でいろんな場面を想像できると思います。

    それぞれ長すぎず、短すぎずのお話なのでこちらも大変ではありません。
    こぶたくんのチャーミングさがたっぷりで、特に最後のお話はおやすみ前のかわいいエピソードで、安心した気持ちのまま子供たちも眠りにつけると思います。

    こぶたくん、大好きになりました。

    投稿日:2012/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 特に男の子におすすめ!

    『こぶたくん』がお気に入りの5歳の息子。もちろん『しりがたりやのこぶたくん』も大好きです。
    特に「かぼちゃ」が大好きで「ぺぽかぼちゃ」という響きの虜になっています。
    「なんでこんなに好きなんだろう?」というくらいこのシリーズが気に入っています。
    おそらく、どのお話もどこの家庭にもよくある身近な出来事がお話になっているからではないか?と私は思います。
    子供と親の両方の視点から書かれてあり、親子で読んでいてとても楽しいです。良書なのに、まじめすぎず、冗談交じりな感じで楽しいのです。
    そうした遊び心が親子の心をとらえているのかなと思います。

    こぶたくんの性格は男の子なら共感しやすいと思うので、私は特に男の子にお勧めします。
    ソファーの上を乗り物でいっぱいにしたりするこぶたくんはうちの息子そっくりで、息子もそんなこぶたくんの性格が大好きです。
    妹に時々意地悪をしてしまうところなども(笑)

    『こぶたくん』とセットでプレゼントにもおすすめです。持っている人は少ないと思うのでかぶりにくいと思います。

    投稿日:2012/04/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの日常を見ているみたい

    「こぶたくん」に続いて、シリーズ2冊目も読んでみました。「こぶたくん」同様、5つの短いお話で構成されています。

    1話目の「かぼちゃ」から、娘の目はきらきら。毎年、春になると、我が家でも、畑に様々な野菜を植え、娘も作物の世話や収穫を楽しんでいるので、「畑仕事ならお手のもの!」といった感じです。
    きのうも、ちょうどレタスの種を植えたばかり。こぶたくんと同じように、今朝も1番に見に行って、
    「まだ芽が出てない」と言いながら、水遣りをしたところでした。なので、ペポかぼちゃの芽が出たときのこぶたくんの喜びも、それを収穫して、家族みんなで味わったときの感動も、我がことのようにかみしめながら聞き入っている娘でした。
     
    「ひとりでいたいの」と「かあさんの休日」・・・これはもうお母さんのためのお話ですね! きっと誰もが共感することと思います。これだけはっきりお母さんの気持ちを代弁してもらえると、本当にスッキリします! 
    絵本の中のお母さんは、いつもやさしくて、大らかで、子どものことをしっかり受け止めてあげて・・・そんな完璧なお母さん像が多いですが、自分もそうなれたらいいのに・・・と思いつつ、現実とのギャップの激しさに(!)落ち込むこともしばしば。
    でも、こぶたくんのお母さんは、普段自分がしていること、したいと思っていることを、そのまましてくれているので、思わず、にたぁ〜っと頬が緩んでしまいます。 

     「ききたいこと」は、好奇心いっぱいの娘に重なるお話です。
    お父さんとの何気ない会話が、ほのぼのとして、かわいらしく、親子のしあわせな時間をいっしょに味わえます。
    「どうしてそんなに、いろいろききたがるんだい?」
    「それは、ぼくが、たくさんのことを しりたいからだと おもう。」
    「きみは、いつか きっと、いろいろなことを しるようになる」
    そんな会話がしみじみ・・・。
    娘は、顔を上げて、「Jは、こぶたくんより、もっといろんなことをしってるよ!」と、いばりんぼうの口調で言ってました。

     「おやすみのじかん」は、いばりんぼうも、いたずらっこも、甘えん坊に戻れるお話。
    「かあさん」
    「なあに」
    「ぼく、ねむれない」
    「あら、どうしてかしら?」
    お母さんが、ドアを閉めて、部屋を出て行くたびに、繰り返される親子の会話。いろんな理由をつけて、お母さんを呼び止めようとしますが、最後は、「まだ、さみしいみたい。」と、こぶたくん。
    「ぼく、しっかりだいてほしい。」・・・子どもが求めているのは、いつも安心感なのですよね。
    娘も、お話を読みながらあくびをしだし、すっかり眠る準備に入っていきます。・・・と思っていると、読み終わった途端に、「“こぶたちゃん”ごっこしたい!」と言い出し、「嬉しすぎて、ねむれな〜い」モードに突入してしまいます!

     娘が、毎回くすくす面白そうに笑うのは、こぶたちゃんが「おみず もってきて」と頼むと、お母さんに「おねがいしますは?」と言われ、「おねがいします」と付け加える場面。自分がいつも言われていることなので、「こぶたくんも言われてる!」と思って、笑っちゃうみたいです。(英語では、ちゃんと“please”と言うのに、日本語になると、途端に「ママ、おみず〜!」になっちゃうのはなぜ!?)
    そんな些細なことまで、なんだかうちの日常とそっくりで、娘も私もそれぞれに楽しんでいます。

    投稿日:2009/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子で親近感をおぼえました!

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    5つのお話からなる絵本です。字も多く、絵も目をひく派手さはなく素朴なタッチで描かれているのですが、息子はすっかり夢中になり、途中で休憩しようといっても許してくれず、一気に読みきりました。

    息子もこぶたくんと同じ、何でもかんでも納得するまで質問してきます。そして、小さい妹のお兄ちゃんであることも同じです。きっと親近感をいだき、聞き入っていたのかなと思いました。

    私も、こぶたくんのお母さんが、子ども達の小さな親切大きなお世話?!のお手伝いにちょっと疲れてしまうところや、休日をとって、子ども達をおばあちゃんに預けてでかけていってしまう姿にとても親近感をおぼえ、なんだかホッとうれしくなってしまいました。

    投稿日:2008/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1冊目より親が共感しちゃう

    こぶたくんのおはなしシリーズ2ですが、
    1冊目より、こちらの絵本の方は親が
    そうそう日常で子供ってこうなんだよね〜って
    共感しちゃう部分が多い作品が多かったです。

    「かぼちゃ」、「ひとりでいたいの」、「ききたいこと」、「おかあさんの休日」、「おやすみのじかん」と5話の話が掲載されていますが、
    特に「ひとりでいたいの」、「おかあさんの休日」は、
    子育てをしているお母さんなら誰もがそうなのよね〜。でもそういうときの子供っていじらしくてかわいいのよね〜。
    みたいな感じで、子供をかわいいと思う気持ちがふつふとわいてくるのではないかなあと思います。
    子供も子供で、もしかしたらそうそうたまにこういうことある!!とかって、思っているのかなあと、子供に読みながら思ってしまいました。

    最後の「おやすみのじかん」も、
    日常でよくある光景なんだよね〜。と我が家の日常とだぶりました。
    日常のたわいもない出来事を描いているので、
    そんなふうに共感できるのではないかと思います。

    めっちゃドキドキわくわくするわけでもありませんが、
    なんとなく共感できる。
    そして幸せを感じる。
    そんな1冊ではないかと思いました。

    投稿日:2008/04/16

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • しぜんのおくりもの
    しぜんのおくりもの
     出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    『あおのじかん』の作者のスケッチ集。心ひかれる昆虫や動物や植物、自然からの崇高なおくりもの。
  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


5月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット