宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

パパはわるものチャンピオン」 大人が読んだ みんなの声

パパはわるものチャンピオン 作:板橋 雅弘
絵:吉田 尚令
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2014年05月30日
ISBN:9784265081318
評価スコア 4.29
評価ランキング 16,235
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ゴキブリマスクのプロレスラーのパパ。
    パパは、この日大きな決心をして、主人公の男の子に自分の仕事を見せたんでしょうね。
    きっと、仕事場で、打ち合わせをし、「今日は息子が見に来るから、よろしく」って、ドラゴンジョージにも伝えていたかも。
    悪役レスラーが、勝つ試合はなかなかないですよね。

    パパはこの試合で、思い切り悪役に徹して、卑怯な手で勝利をもぎ取って息子に見せたんだと思います。
    これが、パパの一生懸命な仕事をする姿ですから。

    仕事に貴賤はないというけれど、世の中から嫌われる仕事をしてくれる方がいなければ、成り立たないことが多々あるのです。
    それを、家族こと子どもに理解をしてもらうことは、やはり真摯な気持ちで仕事に向き合っていることを見せることが一番かもしれませんね。

    自分が大切に育てられ、守られている実感を持っているお子さんであれば、必ず理解してくれるのではないでしょうか。

    投稿日:2015/09/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • 自分のパパの仕事は悪者プロレスラーなんだ 
    しかも ゴキブリマスクかぶっていて、ちょっと格好が悪い
    でもぼくにとったら 大好きなパパで となりのマナちゃんと一緒に見に行ったんですが・・・・
    マナちゃんは、ドラゴンの応援観客のみんなが ドラゴンの応援でもぼくはゴキブリマスクのパパを応援する(がんばれパパ)

    ちょっと ずるい手をつかって ドラゴンを倒し チャンピオンになった
    みんなからごみをなげられているのを ぼくはみている
    すごく、かなしい気持ちになったでしょうね
    表情でわかるんです
    でも・・・・ やっぱり パパがすきなんです

    子どもの気持ちがじーんとくるんです!

    パパがかっこうわるい 悪者チャンピオンでもね、ひっさつわざの「ホイホイドライバー」どんなわざかな〜?

    パパの仕事なんです 悪者プロレスラーが なんだか切なくなるんです

    子どもの素直な気持ちです
    いいな〜 こんな親子の関係!

    投稿日:2014/06/02

    参考になりました
    感謝
    2
  • 勝っても複雑

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    『パパのしごとはわるものです』の続編です。
    前作で、パパの仕事が悪者レスラーと知ったぼくですが、今回はパパに連れられての観戦です。
    観客席には友だちのマナちゃんもいて、ますます困惑のぼく。
    パパこと、ゴキブリマスクは、反則を使い、あろうことが勝ってしまう展開に。
    パパに勝ってほしいと願ったけど、やっぱり複雑なぼくに、
    またまたパパは男の哲学を語ります。
    奥が深いです。
    やはり男同士でないと通じ合えない部分でしょうか。

    投稿日:2014/09/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 応援したいよね

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    わるものでもなんでも自分のパパなんだから応援したいよね。もちろんパパはお仕事でわるものであって本当は違うのだから。お友達の前ではより一層応援しづらい気持ちが分かる気がします。
    プロレスって見たことが無いのですが、絵本で見てもけっこう過激な世界っぽいですね。椅子を使って相手になぐりかかるとか刺激が強そうです。本当のプロレスもこういうことってあるんですよね。

    投稿日:2014/05/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 父親を思う息子の心

    今回、父親を思う子供の心の描写がとても共感できました。
    父親の本当の姿を知っているからこその葛藤が、伝わってきます。
    悪役を一生懸命演じている父親も、仕事のプロフェッショナルとして頑張っているのが伝わってきます。
    最後の、悪役を応援している理由のフォローが絶妙でした。

    投稿日:2018/10/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • この本を読んで何故か

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    北斗晶さんが頭に浮かびました。北斗晶さんの息子さん達もこんな気持ちだったんだろうか…?夫の佐々木さんが悪者でないだけまだ救われますね。子供の心情がよく描かれている絵本です。余談ですがエッセで連載されている北斗さんのお悩み相談コーナーは必読です。

    投稿日:2017/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一番のヒーローは

    前作がとても素敵だったので、
    今度はどのような物語になるんだろうと期待しながらページを開きました。

    パパを応援したいけれども、隣のマナちゃんの事が気になって、
    心の中でしかエールを送れない男の子。

    でも 試合の最後にパパが勝って喜んでいる姿を見て
    やっぱり1番のヒーローは、どんな格好であっても自分のパパなんだなぁと思いました。

    最後のページも、とてもさっぱりとした終わり方でよかったです。

    投稿日:2015/04/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「パパはわるものチャンピオン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

バムとケロのさむいあさ / めっきらもっきらどおんどん / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / はじめてのおつかい / どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • くだものどうぞ
    くだものどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★読み聞かせや初めてのおままごとに★   果物の皮をむいて「はいどうぞ」のやりとりが楽しいしかけ絵本


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット