ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆう ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆう ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆうの試し読みができます!
作: 中川 ひろたか 絵: 高畠 那生  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
家から一歩でも出たら大変なことが起こるかも?奇想天外なユーモア絵本

あめがふるときちょうちょうはどこへ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

あめがふるときちょうちょうはどこへ 作:M・ゲアリック
絵:L・ワイスガード
訳:岡部 うたこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1992年
ISBN:9784323002255
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,655
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ブルーの趣

    「雨がふったら 人間はお家の中に入ればいいけど
    動物達はどうやって雨に濡れないようにするのかな?」と話しながら読みました。
    穏やかに淡々とページは進んでいくのですが
    あひるの羽根の秘密に驚き
    カメのページのクイズが楽しかったようで
    子どもにはちょっと地味な装丁かな・・・と心配したものの
    娘のお気に入りになりました。
    ただタイトルの答えは最後まで明らかにはなっていなくて
    娘には消化不良な感じがしたみたいです。
    ずっと「なんで?どうして?」と呟いていました。

    ブルーを基調にしたこの絵本。
    優しい絵柄でもあり とても好みです。

    投稿日:2009/09/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 美しい

    絵も言葉も全てが美しい絵本です。とても爽やかで澄んだ気持ちになります。

    読後、子供と蝶々は雨が降るとどこへ行くのか考えてみました。
    子供の答えは、雲の上まで飛んで雨に当たらないようにする!でした。なかなか面白いです。

    投稿日:2015/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 梅雨時期になるといつも読みたくなる

    梅雨時期になると、必ず読みたくなる絵本です。やさしく、しっとりとしていて、読みながら気持ちも穏やかになっていきます。
    「あめ、あめ、あめ、あめ。あめがふるとき、ちょうちょうは、どこにいくのかしら。」と繰り返されながら、雨の日の動物や虫たちの様子が描かれます。
    最後まで答えは語られないのですが、余韻にひたりながら本を閉じると、なぜか満たされた気分になります。
    子供たちと読む時は、子供たち同士でお互いに、「葉っぱに隠れるんだよ」とか「お部屋に入る」とか、あれこれ話しながら読んでいます。聞きながら、話しながら、どんどんと想像がふくらんでいくようです。

    投稿日:2013/06/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あめがふるときちょうちょうはどこへ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / だるまさんが / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット