宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

セッセとヨッコラ ヒョゴーどうくつのたんけん」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

セッセとヨッコラ ヒョゴーどうくつのたんけん 作:高畠 那生
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2014年06月18日
ISBN:9784577042137
評価スコア 4.25
評価ランキング 17,490
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 設定と絵が

    4歳の息子と読みました。

    セッセとヨッコラの、布団の中の空想探検物語。
    一度冒険に出てみたものの、もう一度2人で布団の中で話して、
    途中でゴムボートを持っていることにしたり、
    設定がちょっと変わっていて、面白い。
    そして、やはり絵が秀逸。
    私も息子も高畠那生さんの絵は好きだなー。いい感じに力が抜けていておもしろくて、構図が歪んでいて、それでいてちょっとお洒落で。
    そんな絵とストーリーがとてもマッチしています。
    セッセとヨッコラのキャラもいいですよね。

    最後にヨッコラのいびきだと分かったときに、息子は「ズコーっ」と言って大笑いでした。

    投稿日:2015/07/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヒョゴー

    4歳の息子と7歳の娘と読みました。「チーター大セール」や「バナナじけん」など、高畠那生さんの絵本は親子で大好きなので、新作も楽しみでした。
    きっちりした性格でちょっとせっかちな犬のセッセと、ゆったりしていてちょっとめんどくさがりの猿のヨッコラが、ふとんの中で会話しています。妄想を膨らませて洞窟へ探検にいきます。
    子どもたちは、絵本の中のストーリーが二人の妄想だということに、イマイチ気がついていなかったのか、「?」みたいな感じだったのですが、読み終わった後に、じわじわと面白さがわかったみたいでした。
    「ヒョゴー ヒョゴー」。ラストのオチがかわいかったです。

    投稿日:2014/07/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「セッセとヨッコラ ヒョゴーどうくつのたんけん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しゅくだい / どろぼうがっこう / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / だるまさんが / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



こんにちは!世界の児童文学&絵本

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット