宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

セッセとヨッコラ ヒョゴーどうくつのたんけん」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

セッセとヨッコラ ヒョゴーどうくつのたんけん 作:高畠 那生
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2014年06月18日
ISBN:9784577042137
評価スコア 4.25
評価ランキング 17,526
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素敵な仲間

    なんと言ってもセッセとヨッコラ、この2人のやり取りが面白い!
    子供は洞窟の中の冒険シーンではドキドキと、どうなるのかなぁ・・・なんて。そして最後の「ヒューゴ」と言う声の部分でなになに???となるけれど、実は・・・とても面白い結末でした。緊張感が取れた時の子供の表情がとてもよかったです!

    投稿日:2019/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 空想と現実のバランスが絶妙でおもしろい!!

    図書館から借りてきて、5歳と10歳の娘たちと読みました。

    いぬのセッセと、さるのヨッコラが
    お布団の中で繰り広げる洞窟探検のお話です。
    2人の掛け合いがなんとも面白い!!(^▽^)

    洞窟探検(空想)とお布団の中(現実)のバランスが絶妙で
    親子共々、お話に惹き込まれました。
    「ヒョゴー洞窟って、変な名前だね?ヒョゴーって何だ?」
    と私も子供たちも思っていたのですが、
    最後まで読んでみて納得!!(^^)
    そういうことだったんですね(笑)♪
    娘たちも笑っていました。

    こういう寝る前の妄想、私も子供の頃にしたな〜(^^)って思い出しました。
    こんな楽しい相棒がいたらもっと楽しいよね♪と思いました。
    空想好きのお子さんに是非読んであげて欲しい一冊です!

    投稿日:2014/08/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「セッセとヨッコラ ヒョゴーどうくつのたんけん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しゅくだい / どろぼうがっこう / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / だるまさんが / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット