新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
話題
しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.(フレーベル館)

ひらいてビックリ!めくって楽しい!しっぽをさわらずにはいられない!

月へ行きたい」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

月へ行きたい 文・絵:松岡 徹
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:2014年09月
ISBN:9784834081138
評価スコア 4.55
評価ランキング 5,850
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 5歳を過ぎて、ロケットや宇宙に興味を持ち始めた息子に読みました。

    満月の夜、男の子は月へ行く方法をあれこれ考えます。
    巨大な橋、高い塔、風船、などは、
    5歳児でも、無理だろうと突っ込みを入れます。
    でも、飛行機ではなぜ行けないのか。
    5歳児には理解できません。
    大気圏を出ると酸素がなくなるから燃料が燃えなくなります。
    無重力で飛行機が飛べない理由が詳しくわかります。

    そしてロケットの紹介。
    とにかく大きなロケットを詳細に説明するために、
    折り返しの見開き2ページ(つまり8ページ分)を使って
    ロケットの仕組みを紹介します。
    これが圧巻!

    息子はこの本で、
    ロケットが発射するとき、
    エンジンや燃料タンクなど3つのパーツを切り離しながら
    飛んでいくことを知りました。
    ブロックでロケットを作り、きちんと、3つのパーツをくっつけ、
    「第一エンジン切り離しっ!」
    などと叫んで、ブロックを切り離して遊んでいます。
    子どもにもロケットの仕組みがわかりやすく描かれていて、
    たいへん勉強になりました!

    投稿日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「月へ行きたい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】9月の新刊&オススメ絵本

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット