なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

ぼくつかまらないもん!」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼくつかまらないもん! 文:マーガレット・ワイズ・ブラウン
訳:なかがわ ちひろ
絵:長野 ヒデ子
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2014年10月30日
ISBN:9784751527122
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,815
みんなの声 総数 73
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 愛情が溢れてくる

    どのページを開いても、お母さんうさぎのぼうやに注がれるありったけの愛情と、ぼうやの「お母さん大好き!」の気持ちが溢れてくるのを感じました。

    我が子がまだ小さい頃、「ぼくにげちゃうよ」を読んだこともありましたが、それも随分前のこと。
    今回、なかがわちひろさんと、長野ヒデ子さんによって新しく生まれ変わったこの絵本を読めたことに感謝します。

    昔は気付かなかったけれど、子どもがある程度成長した今、この絵本の奥深さに改めて驚かされました。

    子どもの甘えと自立心をこんなに分かりやすく、素敵に表現出来るなんて!
    子どもは母親の愛情をたっぷり受けると、自由を求めて未知の世界へ飛び出そうとします。
    母親は、ただ見守り、子どもが戻ってきた時に、ぎゅうっと抱きしめてあげればいいんですね。

    長野ヒデ子さんの挿絵は、とても可愛らしくて親しみやすく、漁師や探検家になるページなどでは色々な物が描かれてあったり、庭師のページでは一緒にぼうやを探したりと、お話以外の部分でもとても楽しめました。
    特に魚釣りのページに大笑い。こんなエサを付けられては釣られまくりですね(笑)

    読んだ後、心が温かくなること間違いなしの絵本です(^^)

    投稿日:2015/02/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくつかまらないもん!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / おおきなかぶ / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット