INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー
作: 香川 照之 ロマン・トマ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

魔女ひとり」 大人が読んだ みんなの声

魔女ひとり 作:ローラ・ルーク
絵:S.D. シンドラー
訳:金原 瑞人
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年
ISBN:9784338119047
評価スコア 4.44
評価ランキング 9,693
みんなの声 総数 31
「魔女ひとり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • リズミカルな言葉たち

    • かよたさん
    • 20代
    • その他の方
    • 東京都

    丘の上に魔女がひとりと、空っぽの鍋。
    ノラ猫、かかし、ゴブリン、ドラキュラ…魔女はみんなにもらった材料でシチューパーティーを開きます。

    ストーリーはほのぼのとしたものですが、出てくるものは不気味なものばかり。中には悲鳴をあげたくなるようなものも…。
    数を覚えるための絵本ですが、一見大人の心理ではこの絵本で数を教えようという気分にはならないかもしれませんね。
    でも個人的にはこの不気味さがとても好き。言葉のリズムがとても良くて、読んでいて楽しくなります。
    子どもも最初は怖がるかもしれませんが、読み進めていくうちにきっと楽しくなると思います。
    最後の一杯のシチューに苦笑い。

    投稿日:2011/08/23

    参考になりました
    感謝
    2
  • 「魔女ひとり」こんなタイトルですが・・・・・
    読んでいるうちに その 意味が分かりました
    あら のらねこ にひき・ かかし さんにん はじめはおもしろそうと思っていたらこわ〜いものが次々登場 しかも 数字がふえている。
    ミイラは 怖くて ぞっ!としました 
    外国の絵本らしい 怖さですね! 
    怖さの中にも ユーモアが 隠れているのです(怖いけれども 笑えてくるところもあるので 救われました)
    みんなに もらったもので シチューのパーティーに招待状を出すところは、おもしろく パーティ好きなんですね みんな
    どんな味のシチュー?
    「さあ どうぞ」 さいごのことばに
    「いえ いえ 遠慮しておきます」 こんな私の答えです
    皆さんなら 味わってみたいですか?
    みればみるほど ユーモアな 絵本でした!
    大人にもおもしろい絵本で〜す

    投稿日:2011/07/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • 数えながら、シチュー作り

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    『One Witch』が原題。
    私は正直、お化け、幽霊の類は苦手なのですが、数の絵本ということで、
    恐る恐る読みました。
    魔女が、おどろおどろしい知人たちから材料を分けてもらい、
    シチューを作るストーリー。
    それらが順々に増えたり減ったりする数字を交えて展開していくのです。
    金原さんの訳文はリズミカルでスタイリッシュ。
    音読するとよくわかり、さすがだなあ、と思いました。
    魔女の服装はもちろんのこと、知人たちのラインナップはすごいです。
    描かれた知人たちの細部にも、見所はたっぷりありますよ。
    さらに、分けてもらう品々は、悲鳴もの!
    それらを鍋でグツグツ・・・。
    ラストは覚悟してお読みください。

    投稿日:2011/07/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 数の絵本

    数の絵本なのですが、ちょっと不気味で、数がなかなか頭に入りません? 怖い物嫌いな私だからだと思います。魔女が集めた材料で不気味なシチューに舌鼓の人物もとても不気味なんです。ただ、魔女の衣装が黒でなく濃い紫色がお洒落だと思いました。残りの一杯を、「さあ どうぞ」にもちょっとリアルで怖かったです。案外頭にしっかり数が入るのかと思いました。

    投稿日:2011/05/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不気味な数

    小さな子供にはちょっと怖いかな〜?と思う数の絵本です。
    登場するのは、魔女の仲間のドラキュラやガイコツなど恐怖の主人公の面々。
    子供に媚びない不気味さに、大人の私は はまってしまいました。
    小6の息子に一場面を見せたら、何も言わずニヤリ。
    う〜ん、数え歌のようなリズムもあるし意外と子供にもウケるかも…?
    今度、小学校のお話会で確かめてみたいと思っています。

    投稿日:2009/07/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不気味だけど

    魔女がいろいろもらって、スープをつくるお話。友達も不気味なら、もらうものも気持ちがわるい。でも、おもしろいんです。言葉がリズミカルで数がいかされた展開も小気味よいです。「えっ」と?!思う最後まで一気に読んでしまいました。不気味ではありますが、ハロウィンにいいかな、と思いました。

    投稿日:2018/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美味しいシチューをさあどうぞ

    不気味な世界に魔女がいます。
    数え歌のように、数が増えてゆく 色々生き物
    ごぶりん がいこつ 吸血鬼 などなど
    みんな魔女のお友だちです。
    数え歌だから 語呂が良いです。
    絵もきれいです。
    不気味だけど面白いですね。

    投稿日:2017/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンドラーファン

    シンドラーの、幽霊やお化けの本のとりこになって、みんな持っています。

    『しゃっくりがいこつ』『おおきなかぼちゃ』『ニコラス・グリーブのゆうれい』

    ちょっと冷たそうな、陰気な色合いの、端正な絵だけど、話はどこかユーモラス。そのアンバランスが魅力です。

    この本も、途中なかなか気持ち悪くはあるけれど、最後には、思わずニヤリとさせられます。

    もっといろいろ出版されないかなぁ、シンドラーの絵本。

    投稿日:2015/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数字を覚えるのに効果的な本ですね!

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    少々気味悪い感じの絵がまたいいですね。前半はだんだん数が増えてって、後半はだんだん数が減って行く。結局最後は皆で集まり、魔女の作ったシチューを食べる。何だかんだで結構賑やかな終わり方ですね。絵が少々気味悪いだけで。笑

    投稿日:2014/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • かずの絵本

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    かずの絵本になっているんですね。
    魔女というだけあってまわりの者たちも物も怖いものばかりだと思いました。
    かずの勉強としてはこどもによっては怖いと感じてしまうかも。
    最後は親切に読者に向けてさあどうぞとシチューを差し出してくれる魔女ですが、人間基準では食べるのは遠慮したいなー。

    投稿日:2014/09/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「魔女ひとり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / くさる / おつきさまこんばんは / だるまさんが / はらぺこあおむし / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

全ページためしよみ
年齢別絵本セット