しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

魔女ひとり」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

魔女ひとり 作:ローラ・ルーク
絵:S.D. シンドラー
訳:金原 瑞人
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年
ISBN:9784338119047
評価スコア 4.44
評価ランキング 9,693
みんなの声 総数 31
「魔女ひとり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 数の絵本??

    入学を控えた娘に、「数の絵本」ということで読んでみました。

    魔女ひとり、のらネコにひき、かかしさんにん、と増えていき、1〜10までの数字が出てきます。
    そしてまた、まけん じっとう、ガイコツ くにん、と減っていくので、確かに数の絵本といえるのでしょうが、正直数のことが全く頭に入らず、絵とストーリーに夢中になりました。

    不気味な材料をあつめて、不気味なシチューをつくるのですが、雰囲気を作って静かに、思いっきり不気味に読み聞かせると、子どもたちの顔がものすごく真剣で、嫌そうな顔になっていくのが面白かったです。

    さいごの「さあ どうぞ」が最高です。本気で「いらない!」と言いながらも、かなり夢中になって聞いていました。
    私自身も、こういう絵やお話が大好きです。

    眠れなくなるほどの怖さでもなく、ちょうど良く怖がって楽しめました。3歳の子も「やだ〜、ガイコツが怖い」などと言いながらも、楽しんでいたようです。

    ただ「数」ということでいえば、6歳の娘にはかなり簡単すぎて、全然頭を使うことがなかったです。1から10までを数える練習をしているくらいの年齢の子に良いかもしれません。

    数を抜きにしても、十分ストーリーだけで面白い絵本です。

    投稿日:2013/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「魔女ひとり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / くさる / おつきさまこんばんは / だるまさんが / はらぺこあおむし / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

全ページためしよみ
年齢別絵本セット