サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだいの試し読みができます!
文: ロリ・エベルト 写真: ペール・ブライハ−ゲン 訳: なかがわ ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
サンタクロースに会いに行こうと旅に出る、小さな女の子オンヤ。美しい写真でつづる、クリスマスの素敵な出来事を描いた1冊です。

開運えほん」 大人が読んだ みんなの声

開運えほん 作:かんべ あやこ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2014年12月
ISBN:9784251098801
評価スコア 4.52
評価ランキング 6,121
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • とても丁寧に描かれています

    持っているだけで なんだか運が開けそうな、おめでたい絵本です。

    細かいイラストですが 色使いがはっきりとしているので、
    小さなお子さんでも楽しめるのではないでしょうか。

    開運に関するあれこれが丁寧に描かれていて、とても興味深かったです。

    投稿日:2015/03/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 開運が待っている

    5歳の子供は途中で飽きてしまいましたが、
    日本のお正月の風習が丁寧に書かれています。

    イラストが柔らかく、
    お祖母ちゃんが孫に教えてあげるストーリー仕立てになっており、
    〇〇百科みたいなので調べるより記憶に残ると思います。

    投稿日:2018/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間は、縁起やげんを担いで何やかやしたがりますが、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    結局、開運の力は元々私達の心の中にある、という結末に安堵しました。この本に描かれているようなちゃんとしたお正月を過ごされているご家庭は、一体日本にどれだけいるのでしょうか。伝統を受け継いでいくというのはなかなか大変な事ですよね。

    投稿日:2017/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • お正月

    お正月に用意するものについて、細かく書かれた絵本
    なので、12月頃に読んだ方が気分が盛り上がって
    よかったなあ・・と思いました。
    日本人は(他の国の人はどうなのかはわかりませんが)
    すごく縁起をかつぐのだなあ、お正月というものを
    大事にしているよなあって思いました。
    いろんな地方のおぞうにも食べてみたいです。
    それから、よいはつゆめをみるために七福神の絵を
    枕の下に敷いて寝るとよい、というのは知らなかったので
    やってみたいなあ。

    投稿日:2017/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • お正月を迎えるのは 昔から 年神様を迎え おせち料理を食べて
    無暁息災  みんな 家族が 健康で幸せに暮らせますようにと願うのですね
    この絵本は 良く分かります
    今私たちは こうした先人の伝えてくれていることを 大切にしたいなあと思います 

    みんなの 開運を願って!

    かわいい絵で 子ども達とも楽しめそうです

    投稿日:2017/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ためになります

    これは、一冊家に置いておこうかしら?と思うほどのお正月のあらゆる縁起物のことや、お節料理の言われなども細かく勉強できる本です。

    最近ではしめ縄や門松も一般のお家では見かけるのも減りました。
    お節料理も、洋風にアレンジしていたり、現代風になっているところもありますが、昔から伝わる日本の伝統を、私たちも知っておく必要があると思います。

    としがみさんのお陰で良い勉強が出来ました。

    投稿日:2017/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • よくわかる

    縁起のよさそうな表紙にひかれました。
    お正月について、くわしくかかれています。知っているようで知らないこともあり、大人ですがためになりました。この絵本を参考に、しっかり準備してお正月をむかえたいと思います。

    投稿日:2016/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も勉強になるかも

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子19歳

    年末から年始の1/15までの、様々な正月アイテムのことを、
    幼稚園児はなちゃんが学ぶ趣向です。
    門松、年神様に始まり、おせち、お雑煮、正月の遊び、七福神、七草粥、とんど焼きなどなど。
    大人も改めて勉強になると思います。
    「開運」というキーワードもいいですね。
    新年が清々しく感じられます。
    日本人が大切に培ってきた風習、大切にしたいと思いました。

    投稿日:2016/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本人だからこそ

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    お恥ずかしいのですが
    「そうだったんだ!」と初めて知ったことだらけでした。
    せっかく日本人に生まれたからには
    この開運えほんにのっていることは
    ぜひ知っておこうと思いました。
    目に見えない(子供にはみえるらしい)ものを
    大事にする姿勢をもって
    開運ライフを送りたいです

    投稿日:2015/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなにたくさん意味があるんだ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    開運のため、縁起担ぎってこんなにたくさんあるんだとびっくりしました。
    ひとつのものにいくつもいくつも意味をつめこみすぎでは…とちょっと思わないことも。
    日本人って(日本人以外もかな)縁起担ぎ大好きですよねー。
    知っていることもけっこうありましたが、知らないことも同様に。日本各地のお雑煮が紹介されていて、へーと思いました。

    投稿日:2015/01/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「開運えほん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

バムとケロのさむいあさ / バムとケロのそらのたび / はじめてのおつかい / どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット