話題
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数30万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ

名画で遊ぶ あそびじゅつ!世界をぐるりと美術鑑賞」 大人が読んだ みんなの声

名画で遊ぶ あそびじゅつ!世界をぐるりと美術鑑賞 著:エリザベート・ド・ランビリー
訳:大澤 千加
出版社:ロクリン社
本体価格:\2,000+税
発行日:2014年10月26日
ISBN:9784907542092
評価スコア 4.53
評価ランキング 6,289
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • へえ〜と思うこといっぱい

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    シリーズ3冊のなかでは、この本が一番好きでした。
    いろんなジャンルの絵があって見ていて楽しめました。
    アラビア文字のページは特に興味を引きました。文字だと思ってみると、一体なんて書いてあるんだろうということが気になってしまいますが、絵だと思って眺めると、サラサラ〜と流れるような線が美しくておしゃれな感じだなと違った感想を持ちました。視点を変えると見えてくるものが違うということが分かりました。
    コロンビアのまるまると太った人ばかり描かれている絵も気になりました。説明書きを読んでなるほどと納得しました。
    美術鑑賞とは無縁だった私にも、その魅力や面白さを詳しく説明してくれる、すごく素敵な本でした。

    投稿日:2017/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も欲しくなるシリーズ!

    名画遊び、今回は世界をぐるりとしちゃいます!
    絵のジャンルも様々で飽きないですね!やっぱり面白い。

    自分の好みでない絵画ももちろんあるんですが、普段なら敬遠しちゃうんですが、そういう先入観みたいなのがないんですよね。このシリーズには。

    遊びだから!遊ぶ事って単純で楽しいから!

    もっともっと知りたい!どんどん出して欲しい!
    欲を言えば画家一人ずつで…お願いします(笑)

    投稿日:2017/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世界一周

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子15歳

    「世界をぐるりと〜」のサブタイトルどおり、エジプトからスタートして、アフリカ、南米、北米、アジア・・・と、名画で世界一周して、最後が世界地図。
    情勢で変化することもある世界地図が作品なの?と、作者のA.ボエッティ氏について検索してみると、作品を通して国際政治問題に問いかけた芸術家、という紹介がありました。
    また、壁画、コラージュ、モザイク画、版画など多様な表現方法が並び、世界地図は刺繍で描かれていました。
    世界一周しながら、様々な名画に触れることができました。

    投稿日:2017/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名画に親しむ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    遊びながら、名画に親しむことができそうな本でいいと思いました。
    こどももこういった本から入るのもありですよね。
    ゲーム感覚で親しむというのにまさに!です。
    絵画の簡単な解説もあって良いです。
    こどももおとなも楽しめる本だと思います。

    投稿日:2017/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな楽しみ方があったとは

    最近絵の中で探し物をしたり、○○は何個ある?という風に数を数えたりという絵本が色々なバリエーションででていますが この発想はなかったです。昔からある名画で探し物をするとは!ラファエロ、ゴーギャン、アボリジニの描いた太古の絵まで!
    歴史的な偉人の絵で遊んでしまうなんて、なんだかおそれ多いような気もしますが、小さい子どもから名画に親しむ良い機会になりますね。

    投稿日:2017/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • このシリーズはお薦めです。

    このシリーズのイエローの本だけはフランス人の主人の家族が送ってくれたので持っていますが、私にはフランス語が読めなくて結局半分くらいしか遊べていないので、今回この本が日本でも日本語で販売されているのを知って、とっても興味を持っているところです。

    この本は、子供と一緒になってなかなか目にすることのない作品を楽しみながら子供と一緒に家庭で触れられることだと思います。子供にとっても堅苦しくなく楽しく遊び感覚で有名な絵画をじっくり見ながらこんなところにあんな物が描かれているんだね、などと言いながら驚きや発見を楽しむことが出来るのですごく良い本だな、と思っています。

    このレッドの本は持っていないのですがどの本もとても素晴らしい作品が収められているので子供にもっと見せてあげたいな、と思っています。

    プレゼントにしても絶対に喜んでもらえると思うのでオススメです。またうちの子は小学1年生ですがこの本なら他の探し絵絵本と同様に楽しんでくれるので小学校低学年生へのプレゼントもオススメです。

    投稿日:2017/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど!

    名画を観れる機会というのは日常生活の中ではなかなかないので,こういう本は楽しいな〜と思いました。
    こういう鑑賞のしかたもあるのですね。
    ある程度の年齢の子供から大人まで老若男女関係なく楽しめる本に思いました。

    投稿日:2017/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名画を楽しく鑑賞できます

    名画の中から、お題の物を探す遊びができる絵本です。

    名画についての解説もあるので、
    とてもわかりやすいです。

    古代エジプトの壁画など、
    なかなか興味深いラインナップでした。

    子供はまだ低学年ですが、
    ただ眺めておくだけでも
    とても良い教育になると思います。
    どれか1つでも気になる絵があれば、
    そこから詳しい時代背景や、作者のことなどを
    一緒に調べるのも良いでしょう。

    こういう絵本が家にあると
    心が豊かになるように思います。

    投稿日:2017/11/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「名画で遊ぶ あそびじゅつ!世界をぐるりと美術鑑賞」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / うずらちゃんのかくれんぼ / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット