新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

とうふこぞう」 大人が読んだ みんなの声

とうふこぞう 作:京極 夏彦
絵:石黒 亜矢子
編:東 雅夫
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2015年02月27日
ISBN:9784265079742
評価スコア 4.23
評価ランキング 20,254
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • お笑い担当

    怖いお話を探していた時に見つけました。
    何かが布団の上に乗っかってきたので、おそるおするのぞいてみると…というお話。
    京極夏彦さんの作品ということで、かなりこわいのでは?と恐る恐る読み進めたのですが、「とうふこぞう」は、妖怪の中でもお笑い担当らしく、結構愛らしいです。
    石黒亜矢子さんのイラストが、怖さと可愛さを同居させている感じで、お話にとてもあっていました。

    投稿日:2020/08/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 京極さんの「妖怪えほん」シリーズに
    はまっております(笑

    で、そのシリーズの中で
    「笑」になっていたので
    と〜っても気になっていました
    なんと!「全ページためしよみ」にあるではありませんか!?
    ありがとうございます

    最初の方は
    怖い・・・じゃん・・・
    ここにも
    ここにも
    怖い・・・気持ち悪い・・・
    怖がるのもわかるよね・・・

    ペナントとか、なんだか昭和的な(笑
    おうちです

    で、途中より
    確かに「笑」に展開してます

    おもしろ〜い!

    おばけを怖がってる子も
    これだと、大丈夫じゃないかな?
    「とうふ小僧」の着物の柄が素敵です

    おはなし会で
    みんなでわいわい見ると
    怖くなくていいかも!!

    投稿日:2015/08/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 夜には読まない方がいいかも?

    子ども達   小学生くらいの子はこわいおはなししてとよく言います。学童で読んであげようかな〜
    おばけはこわい
    一人で歯磨きしている この子の顔が怖いかも
    おばけは どこからでも入ってきて ついてくる こわさが うまな〜
    京極さん
    天井の 目だらけおばけ  天井から見た表現が おもしろいです
    ここでクライマックスの骸骨おばけが!
    やっぱりこわい 
    こわい!  
    布団の中に潜り込む こわさ!
    わあ!  「こんばんは」  ちょっと かわいいかおの おばけだったから
    一安心
    怖い顔から ちょっと 安心した顔
    とうふこぞうとの会話が 安心できるので ホッ!
    「あはははは」  「あははははは」
    こわくないからまたおいで   こんなおばけだったら お友達になれそうに思えたのですね

    オチ 
    月夜の晩だけです・・・・・

    おばけのこわさも こういうおはなしなら 子ども達も安心するかも
    夏のおばけの時間に どうぞ 読んでみてください   おためしあれ〜

    投稿日:2015/07/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「妖怪えほん」4、笑のマーク。
    ということは、怖くない?
    いえ、最初はかなり怖いんですけど、それを乗り越えるので、
    怖がりさんには、ちょっとしたエールにもなりそうです。
    ただし、出だしは覚悟していないと、かなりすごいです。
    ただ、それが、自分の不安のなせる技、と思えたらいいんですけど、
    やはり見えてしまうんですから、仕方ないですよね。
    怖がりの男の子が遭遇したのは、豆腐小僧。
    豆腐を持った子ども、というだけで、男の子は怖さが吹っ飛んでしまうのですね。
    「こわくないけど」で乗り越える、でしょうか。
    しかも仲良くなってしまうとは!
    おばけって、案外そんなものなのかもしれませんね。
    豆腐のように、ぷるるんと、でも滋味深い味わいでした。

    投稿日:2017/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい妖怪

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    最初の方、何か出そうでとても怖いです。一人で過ごす夜っていろいろ考えてしまいますよね。いま何かがいた気がする!みたいな。しかも、この本に出てくるような古い日本家屋って何かでそうな雰囲気ありますからますますこわい。
    しかし、出てきた妖怪は怖くなかった!豆腐を見せるだけの無害な子どもの妖怪。主人公の男の子も一安心、またおいで〜なんて言っちゃって余裕です。でも、よく考えたら、夜に突然子どもが部屋に入ってきたら怖いですけどね。
    豆腐小僧くらいなら子どもとでも読めそうです。

    投稿日:2016/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖がりのお子さんにお薦め

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    これは京極さんの「妖怪絵本」シリーズのなかでもこわ面白いお話なので、結構小さいお子さんからお薦めできそうです。
    “とうふこぞう”という妖怪のキャラクター自体が面白いうというか滑稽な印象を与えてくれるのかもしれません。
    この絵本の表題作の字体は誰が考えたのでしょう。
    ものすごく作品を現している感じが伝わってきました。

    怖がりのお子さんに特にお薦めしたいですね〜。

    投稿日:2016/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖いけれど、怖くない??

    京極夏彦さんの小説はどうも怖そうで近寄りがたい。
    けれど、やっぱり読んでみたい!ということで絵本を手に取りました。
    主人公の男の子は、おばけがこわい。
    なんだか、いろんなところにお化けがひそんでいそうですね。
    男の子の飼っている猫のしっぽ!ふたつに裂けています。
    お化けはこわい、けれども、とうふこぞうはあんまり怖くない?
    怖がりだけれど、怖いお話に興味がある方におすすめです。

    投稿日:2016/07/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • つきよのばんだけです

    全頁試し読みで読みました。男の子がおばけを怖がっているのですが、男の子の顔も最初から怖いと思いました。とうふこぞうが登場する辺りから、男の子は怖がってなかったのですが、私は最後の、「つきよのばんだけです」に、ぞっとして怖かったです。なんだか、夢に出てきそうで嫌な気がします。

    投稿日:2015/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 拍子抜け

    確かに前半は、怖い?
    でも、全然怖くなかったですよ。
    豆腐小僧、面白いというか、謎な存在でした。
    このシリーズは、ゾクッとするまたは、ヒヤッとするものが多いので、そういうものを期待して読むと拍子抜けします。

    でも、このシリーズの中では珍しく子供と読める絵本だと思います。

    投稿日:2015/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 月の夜は

     おばけの絵本はこわいけれど、こわいもの見たさで、開いてしまいます。この絵本も、どきどきしながらページをめくりました。
     迫力のあるおばけに、びっくりしますが、楽しいおばけもいるんですよね。

     月の夜にやってくる、とうふこぞう。全然こわくなくて、おもしろいおばけです。とうふこぞうのうしろ姿にほっこりしました。
     お話とこってりした絵が、ぴったり合っています。

    投稿日:2015/04/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「とうふこぞう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


『みそしるをつくる』『おにぎりをつくる』インタビュー

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.23)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット