ほんとうはなかよし エルモアとアルバート」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ほんとうはなかよし エルモアとアルバート 作:ローレン・チャイルド
訳:明橋大二
出版社:1万年堂出版
本体価格:\1,600+税
発行日:2014年12月
ISBN:9784925253802
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,638
みんなの声 総数 5
「ほんとうはなかよし エルモアとアルバート」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ひとりっこだったエルモアに弟が出来ました。
    今までは一人で主役だったエルモアが、何だか脇役に回されたように感じます。
    これってストレスですね。
    弟のアルバートは、ライバルになり嫌いな存在になります。
    でも、仲間で子分にもなってくれることにも気づきました。
    お兄ちゃんになるってこんなことなのでしょうね。
    我が家のお兄ちゃんは、ひとりっこのまま年だけお兄ちゃんになってしまいました。
    だからヤッパリ違います。
    エルモアとアルバート以外の大人たちの顔が描かれていませんが、どんな表情をしていたのでしょうね。

    投稿日:2015/03/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ほんとうはなかよし エルモアとアルバート」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット