まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ともだちって だれのこと?」 大人が読んだ みんなの声

ともだちって だれのこと? 作:岩瀬 成子
絵:中沢 美帆
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2015年05月30日
ISBN:9784333027057
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,549
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 春が来たことを知らせたくて

    普段、あたりまえだと思っていたことが、
    ちょっとしたきっかけでだんだん揺らいで、確信が持てなくなる。
    そうなると次々と不安材料が、あたまのなかに溢れてきます。
    ねずみは親友のテンがどこに行ったのかわからなくなって
    とても不安な時間を過ごしたようです。
    テンは、というと森の中でねずみのために花を摘んでいたんだって。
    ねずみさんそんなに心配しなくてよかったんだよ。

    投稿日:2016/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほっこり します♪

    クレヨンと切り紙かな?
    素敵な感覚の絵ですね

    内容も、あ・・・わかる・・・

    不安、心配・・・
    ひとりで考えちゃうんですよね

    他のお友達?の対応も
    なかなかおもしろいです
    そうそう、全然関係ないこと言う人もいるよね(笑
    とか

    こうあってほしいーと思う
    そうなると安心するし
    理由もわかると
    尚、うれしいし

    春が来る頃に、もう1度、みんなと読んで
    楽しみたいと思います

    あっ!
    全ページためしよみ出来たんですね!?

    投稿日:2016/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかる・・・

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子4歳

    この気持ち、大人でもわかります。小学生〜思春期の多感な頃のこどもなんて、もっともっと共感出来るかもしれません。最後は、思った通りの展開でしたが、安心しました。幼児はこのお話をどう受け止めるんだろう。グループを大事にする女の子なんて、もうしっかり共感するのかもしれないなぁなんて思いました。

    投稿日:2016/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繊細で優しい絵本

    この絵本は、少し大きなお子さん向けでしょうか。
    ネズミの微妙な心境が、丁寧に描かれていて
    大人の私は、すこしズキンとしてしまいました。
    日常の中で、こういう気持ちになる事は誰にでもあるかと思います。
    とても繊細で、優しい絵本でした。

    投稿日:2015/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • この気持ち わかります!

    かわいらしい絵と
    ひらがなで書かれている絵本なのですが、
    おとなの私が感動した
    心に染み入る内容でした。

    相手との信頼関係、
    あいてからみた「ともだち」は誰?
    私じゃないの?という 不安になってしまう行き違い。

    子供が成長していくうえで、
    毎年 進級してクラス替え、
    進学して ちがう進路へ、
    出会うお友達はいっぱいだけれど、
    いままであんなに親しかったお友達が
    他の人と遊んで、
    自分のことを忘れちゃったんじゃないかな。。という不安な経験、
    そういうことがありました。

    最後はハッピーエンドのストーリーで
    良かったです。
    「おともだち」は大切な存在です。

    大人の私も
    あらためて絵本から
    学ばせていただきました。

    投稿日:2015/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • よりそって読める

    岩瀬さんの本は好きで読むのですが、絵本を読んだのはこれがはじめてでした。
    いろんな動物がでてきますが、静かに物語はすすんでいきます。
    だからこそ、ネズミのゆれる心だけによりそって読めるし、その心の動きにとても共感してしまいます。
    友だちとのかかわりが密な世界にいる子どもなら、なおさら、この絵本は友だちの存在に思いをはせつつ、物語にはいっていけるのでは、と思いました。

    投稿日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 安心しますね

    よくあるパターンですが、
    文章がかわいらしくて
    ほのぼの〜としました。
    最後のオチも、ほんとうによくあるオチですが、
    でもこうでなくっちゃねって思います。
    絵もやさしいタッチですてきでした。
    双方が友だちって思えているっていう自信があるってことは
    こんなにほっとするんだな〜って思いました。

    投稿日:2015/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達っていいね

    • ちょてぃさん
    • 40代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子13歳、女の子9歳

    友達っていいなあってほっこりする作品でした。
    春の訪れを花を届けることで、友達に知らせたいなんてイキだなあ。
    大好きな友達には、大好きなものやわくわくするものをプレゼントしてハッピーな気持ちになってもらいたいものですよね。
    喜びを分かち合いたいと思う相手がいるということは、相手も自分も幸せなことですね。

    投稿日:2015/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気になるともだち

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    ともだちのテンのところに行くと「ともだちのところにいきます」という張り紙がはってあって、テンは留守。ねずみはともだちとは自分のことだと思いますが、自分の家に帰ってもテンの姿は見えません。
    もしかしたらモグラのところかも、タヌキのところかも…と嫉妬するネズミがかわいらしいです。自分はのけものにされているのかも…とひとりでぐるぐる考えているとなかなか明るい考えになりませんね。
    大丈夫、テンの行き先は…。

    投稿日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 相手のことを思いすぎて・・・・・

    全頁試し読みで読みました。ネズミの不安になる気持ちが凄くわかりました。相手のことを思いすぎてやきもちをやいたり、お友達が自分以外にいるんだないかと疑ったり、自分だけのけ者になっていないかと疑ったり私はしょっちゅうなので、ちょっと反省して読みました。もっと堂々としておつき合いをしないと疲れると思いました。絵が凄く素敵で、絵にも見惚れていました。ちっと不安になった時に読みたいと思うから私の為に手元に置きたい絵本だと思いました。

    投稿日:2015/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ともだちって だれのこと?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おむつのなか、みせてみせて!』10万部突破記念! ヒド・ファン・ヘネヒテンさんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット