季節
せつぶんワイワイまめまきの日!

せつぶんワイワイまめまきの日!(文溪堂)

ストーリーを楽しみながら節分の知識が身につく!

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ

大どろぼうホッツェンプロッツ」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

大どろぼうホッツェンプロッツ 作:プロイスラー
訳:中村 浩三
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,100
発行日:1966年06月
ISBN:9784036082506
評価スコア 4.83
評価ランキング 157
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • さいこう!

    カスパールはあたまがいい。
    どろぽうをおぴきよせるわなをしかけたり、ばかなふりをしてだましたりするから。

    ホッツェンプロッツは、わるいやつだけどちょっとおばかだけど、
    やっぱりいやなやつ。

    カスパールとゼッペルがついにホッツェンプロッツをつかまえたときは、
    よかったと思った。

    カスパールはようせいのねがいごとで、ぼうしをもどしたり、コーヒーひきをとりもどしたり、ホッツェンプロッツをつかまえたりしたけれど、
    ぼくなら、なにをかなえようかなと思った。
    みんながへいわにくらせるようなねがいごとがいいな。

    ホッツェンプロッツはつかまったけど、だつごくをねらっていると
    かいてあったので、次はどうなるか、楽しみです。
    またやっつけられるといいな。

    (9歳長男本人の感想を代筆しました)

    投稿日:2013/08/30

    参考になりました
    感謝
    3
  • 定番の名作

    私が小学生の時に読んだ中で、気分爽快になる本のナンバー1です。妖精や魔法使いが出てきてメルヘンチックでもあり、ユーモアや冒険も楽しめる。読書が苦手な子供には、話が長いと負担になります。でもこの本は話は長めでありながら、話に引き込まれていくので、なんなく読めると思います。私が娘にこの本をすすめたのですが、娘も活字が多くて最初は引いていましたが、読み始めたら止まりませんでした。これから大量の活字に慣れていかなければならない小学校中学年くらいの子供に、読書って楽しいな、と思わせてくれるような楽しいお話です。

    投稿日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 痛快です

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    本があまり好きじゃなかった息子も、
    とうとうこのボリュームの本に、はまり始めました。
    寺村輝夫の王様シリーズや、ゾロリシリーズが好きな息子は、
    同じような感覚で、ホッチェンプロッツとそれを捕まえる少年の
    面白おかしいストーリーが楽しいようです。

    ドイツのお話と言うこともあり、外国のことにも興味がわいてきたようで通貨や長さの単位を聞かれたり、食べ物について聞いてきたりします。
    他の面でもいい影響が出ました。

    2作目3作目があるようなので、引き続き読みたいといってます。
    児童書から物語への転換期にお勧めです。

    投稿日:2010/08/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「大どろぼうホッツェンプロッツ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / エルマーのぼうけん / ルドルフとイッパイアッテナ / ちいさなあなたへ / 100かいだてのいえ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    作:やベみつのり 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本


出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット