新刊
やっぱり じゃない!

やっぱり じゃない!(フレーベル館)

あの驚きが再び!

  • びっくり
  • 盛り上がる
新刊
かぞえるえほん おやすみわんちゃん

かぞえるえほん おやすみわんちゃん(偕成社)

みんなでいっしょに数えてかわいい、おやすみ前のわんちゃんの絵本。

  • かわいい
  • ためしよみ

命はどうしてたいせつなの?」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

命はどうしてたいせつなの? 著:大野 正人
絵:ハラアツシ
出版社:汐文社
税込価格:\1,760
発行日:2015年09月
ISBN:9784811322209
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,920
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • シンプルな

    4歳の息子と読みました。
    「命の大切さ」を息子に説明する難しさを私は常々感じていました。
    なので、この本がどんなアプローチをするのか、興味津々でした。
    が、意外にもシンプルに「いただきます」と「ありがとう」を大切にしようという内容。
    人は、
    動植物の命を食べることで体が、
    血のつながりや人々とのふれあい=自分の中に入ってきた人の命で心が
    作られ、それに感謝しようということ。
    とっても基本的なことだけれど、忘れてしまいがちなこと。
    なるほど、と納得してしまいました。

    息子の年齢では、この絵本は少し長くて難しい内容かと思ったのですが、
    イラストも分かりやすく楽しかったよう。
    食物連鎖についてなど、彼なりに理解したようでした。
    牛をさまざまな観点で示していた見開きは、とても分かりやすかったです。
    ただ、「心」については、まだ彼にはちょっと経験が足りないかもしれません。
    でも、この絵本を読んでおくと、
    将来、そんなことがあるのかもしれないとイメージができるし、
    実際に経験したとき、読み返して彼なりに考えるのではないでしょうか。

    投稿日:2015/11/04

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「命はどうしてたいせつなの?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / からすのパンやさん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット