なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむしの試し読みができます!
文: 谷本 雄治 絵: サトウ マサノリ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
夏がきた!夏の絵本、虫の絵本、カブトムシ絵本の新ていばんが出来ました!

もう ぬげない」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

もう ぬげない 作:ヨシタケシンスケ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\980+税
発行日:2015年10月
ISBN:9784893096098
評価スコア 4.84
評価ランキング 104
みんなの声 総数 43
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 反応はそれぞれ。

    • 山の音さん
    • 40代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子8歳、女の子5歳、女の子2歳

     3姉妹に読み聞かせました。

     2歳、まったく興味なし。
     5歳年中、「どこが面白いの?」って顔。
     8歳2年生、涙流して笑い、「ある!ある!こういうことある!最高!もう一回読んで!」

     こんな反応でした。
     
     この本はタイトルの通りの内容で、服が脱げなくなった子の葛藤と、そのオチです。
     文字数も少ないし年中に丁度いいかなと思ったら、うちの次女はとっても器用で服が脱げないなんて経験ないんです。
     それに比べて長女は不器用。で、想像力豊か。すごく気持ちがわかったみたい。
     親の私はというと、そんな長女を想像しながら読んでしまったので、読み聞かせ中に笑いをこらえるのに必死でした。
     
     最近多い漫画のような間を楽しむ絵本なので、大勢への読み聞かせには向きませんが、ツボに入ると涙出して笑えます!

     評価は、8歳長女と私の気持ちでつけました。

    投稿日:2015/11/06

    参考になりました
    感謝
    4
  • 大好きな!

    小学2年生の我が家の娘が一人読みしました。
    我が家の娘は、ヨシタケシンスケさんの絵本が大好きで、新作が出ると必ず読みたがり、気に入ったものは何度でも読みます。
    子供にも共感できるのでしょうね。
    イラストもユーモアあって楽しいですね。

    投稿日:2019/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大笑い

    8歳6歳の娘たちにこちらで購入しました。ちょっと幼いかなと思ったのですが、小学2年生の長女のツボにどはまり。大笑いで繰り返し読まされました。みなさんの感想通り、ものすごく楽しいです。ぬげないのに、いろんなことを頭では考えていて(笑)小学生の方がはまってしまう本かもしれません。次女ももちろん楽しんで笑っていましたが。

    投稿日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2年生の読み聞かせで

    2年生の読み聞かせに、この絵本を持って行きました。絵本を出すと、「この本知ってるー!」「昨日家で読んだー!」と、みんな嬉しそう。新しい絵本なのに知っている子が多く、人気があるんだなぁとびっくりしました。
    ゆっくり読むと、みんなクスクスと笑いながら、嬉しそうに聞いてくれました。
    小さい子向けのような感じの絵本ですが、小学生の方が、その面白さを理解できるのかもしれません。

    投稿日:2016/03/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「もう ぬげない」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい / どうぞのいす / めっきらもっきらどおんどん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


『焼けあとのちかい』<br>半藤一利さん 塚本やすしさんインタビュー

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.84)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット