アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ポテトむらのコロッケまつり」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

ポテトむらのコロッケまつり 文:竹下 文子
絵:出口 かずみ
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2016年01月30日
ISBN:9784774620329
評価スコア 4.55
評価ランキング 5,305
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ポテト村のポテトおばさんが、畑にじゃがいもをうえた。
    そして、できたできた♪たくさんのじゃがいもが^^
    やまほどのじゃがいも、どうしようかと考えておばさんが思いついたアイデア。
    それは、誰も見たことがないくらい大きな大きなコロッケを、
    村のみんなで作ること・・・だった!


    作者の竹下さんのブログを見て知ったこの作品。
    制作の裏話や、本のあらすじを知って、すぐに読みた〜い!と思った。

    1・おばさんがじゃがいもを育てて収穫して・・・
    2・じゃがいもを使ったいろいろなお料理を作って・・・
    3・どっさりあるじゃがいも使って
    世界一大きなコロッケを作るための準備をして・・・
    4・そしていよいよコロッケ祭りの当日

    と、一冊の中にこれだけの内容が詰め込まれていて、読み応えたっぷり☆
    下準備の過程と当日のコロッケ作りの様子が丁寧に描かれているのが嬉しい。

    私がとくに好きな場面は、
    コロッケ作りを成功させるために、村の人たちが1つの部屋に集まって
    いろいろ準備をしているところ。

    例えば
    パン粉をまんべんなくつけるには パン粉 か 生パン粉か?の話し合いが行われていたり、
    実際にコロッケを試作していたり、
    3種類のコロッケから食べ比べが行われていたり・・・。

    そのページだけでも見応えがあったし、
    お祭り当日までには沢山の人の協力が必要だったんだなぁって
    あらためて知ることができた。

    2年生の息子は、たまねぎとひき肉を大きなフライパン炒めている場面を見て、
    「美味しそ〜♪食べたーい」
    うんうん、私も、食べたーいって思ったよ。

    竹下さんのブログによると、イラスト担当の出口かずみさんは
    この作品が絵本デビューとのこと。
    可愛くて親しみやすいイラストだと思う^^



    竹下さんの文は、読んでいて何だかとっても心地良くて♪
    さすがでした^^
    今度小学校での読み聞かせで、ぜひ子供たちにも紹介したいです。
    低学年から高学年まで、幅広い学年に向いているのではないかなと思
    います。
    その日の夜、家で「コロッケ食べたい!」って言う子がいるんじゃないかな?
    なーんて、想像しちゃいますね。

    投稿日:2016/08/30

    参考になりました
    感謝
    3

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ポテトむらのコロッケまつり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

めっきらもっきらどおんどん / キャベツくん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット