こくん こくん
作: 村中 李衣 絵: 石川 えりこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「だいじょうぶ、きっとできる」ともだちとの心の響きあいを描いた絵本

まだかなまだかな」 大人が読んだ みんなの声

まだかなまだかな 作:竹下 文子
絵:えがしら みちこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\980+税
発行日:2016年04月
ISBN:9784591149690
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,610
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子育ての大切な日常ですね。

    とても可愛らしい絵本です。
    動物の親子が何組か登場して、
    最後は子供とお母さんという展開は
    私が子育てをしていた30年ぐらい前からも
    絵本にはよくあるイメージです。
    表紙の女の子の絵から
    子育ての日常が感じられ、
    待ってる時は長く、お母さんが来たら
    ホッとする。裏表紙のホットケーキも嬉しいですね。
    私にもこんな日々があったなぁ〜と思い出しながら、
    長女がまさに今 子育て真っ最中。
    孫たちも バアチャンとなついていますが、
    やっぱり「ママ〜」と追っかけている様子を見ると
    こんな日常を大切にして欲しいと思います。
    小さいお子さんもこの絵本を見て
    安心感を持つと思いました。

    投稿日:2016/05/29

    参考になりました
    感謝
    2
  • おかあさ〜ん

    おかあさん大好きって思いがいっぱい詰まっていてとてもいいなあと思いました。「おかあさ〜ん」「は〜い」のなにげない日常が、おかあさんを待つというシーンが、おかあさんの存在が子どもたちの心の動き、おかあさんがいる安心感にほっとしました。おかあさ〜んって幾つになっても、いなくなっても読んでみたくなりました。

    投稿日:2018/04/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • お迎え?

    小さい子向けおはなし会用にセレクト。
    はじめてえほん・12。
    猫やコアラなどの子どもたちがお母さんを待っていて、迎えに来たお母さんと触れ合うストーリー。
    子どもの「お母さん大好き」感が満載ですね。
    もちろん、人間の子どもだって!
    このシーンは、保育園のお迎えでしょうか?
    親子のとびっきりの笑顔がまぶしいです。
    そう、読んでいるだけで、親子の間の気持ちも伝えられそうです。
    この時間、大切にしてほしいですね。

    投稿日:2017/04/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • えがらしさんの作品が気になって
    図書館にリクエストしてます

    おままごとしている表紙の女の子
    この表紙に
    あとから出てくる動物達が
    みんないるんです

    みんなお母さんを待っていて
    包容力のあるお母さんが次々に
    迎えにきてくれます

    「おかあさーん」と呼ぶと
    来てくれる
    安心感

    ちょっと気になったのは
    「にんげんの こども」という表現

    具体的に「かすみちゃん」とか
    読み手のお子さんの名前を入れるように
    「○○ちゃん」の方がいいような気がするんですが
    どうでしょう?

    保育園でお帰りを待っている感じなのでしょうか

    こんな気持ちでお子さんは、待っているんですね
    「待っている」お子さんの気持ちを
    汲み取る余裕がほしいですね

    投稿日:2017/02/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「まだかなまだかな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / だるまさんが / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット