新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

日本全国不思議案内(2) 菜の子ちゃんとカッパ石」 大人が読んだ みんなの声

日本全国不思議案内(2) 菜の子ちゃんとカッパ石 作:富安 陽子
画:YUJI
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:2016年04月25日
ISBN:9784834082562
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,329
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 今度はどこかな?

    小学校中学年くらいのお子さんの読書にぴったりなシリーズに思います。
    菜の子先生(このシリーズもあります)が子供の頃のお話のようですね。
    「日本全国不思議案内」という題名なので、今度はどこの地域かな〜なんていうのもまた楽しみの1つに思います。

    投稿日:2020/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 町の大ピンチなら、行ってこい、行ってこい。

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子18歳

    シリーズ2作目は本州の一番西のはし、山口県下関市が舞台です。
    ここで、菜の子ちゃんをサポートするのは地元っ子のトオル(小学5年生)。
    菜の子ちゃんが現れてから、トオルを誘って、カッパ石を探しに行くまでの展開がテンポよくて、とても読みやすかったです。

    おススメのシーンはここです。

    「あのさ、お母さん。……町の大ピンチを救うためにね、ぼく、出かけなくちゃいけないんだけど、いいかな?」

    に対して、トオルのお母さんは

    「そりゃ、行ってきなさい。町の大ピンチなら、行かないわけにいかないでしょ」

    そして、お父さんまでも

    「行ってこい、行ってこい。町の大ピンチを救うためなら、そら、行ってこんといかんぞ」

    さらに、ふたりして玄関まで見送りに出てくれるという始末。
    このシーンは挿絵にもなっていて、とても面白かったです。

    お話もとっても面白いのですが、「菜の子ちゃん」シリーズも「菜の子先生」シリーズの時と同じように、関東に小さな新聞が挟まっていて、物語に関係のある内容になっています。すごく面白いので、ここもちゃんと読まないと、もったいないですよー。
    そして、もっと「菜の子ちゃん」のことを知りたくなったら人は「菜の子先生」シリーズも読んでみてください。

    投稿日:2018/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 土地の言い伝え

    日本の不思議案内の2冊目です。
    1の菜の子ちゃんの竜の子を天に返す作戦は、ハラハラでしたが
    無事にのぼれて、嬉しくなりました。
    2の冒険は、本物のかっぱ石を求めて探し回るお話でした。
    トオルくんが協力者に選ばれ、二人でイノシシに乗せてもらって
    フルスピードで探しもの、その次は、不動明王にお願いした道案内に
    制多迦童子と矜羯羅童子がやってきます。
    馴染みのある名前の仏像が、生き生きと行動するのもなんだか楽しいです。
    菜の子ちゃんはずいぶんと顔が広いですね。
    今回のお話は、山口県下関の四王司山。
    菜の子ちゃんと一緒に、歴史を紐解き、
    知らない土地の言い伝えなどを知るのも面白いです。
    せっかく動かしたかっぱ石、もどしちゃったんですね。つぎは150年後だから、毘沙門天さんが愛用している方が安全かもしれないですね。

    投稿日:2017/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地方の歴史・文化ってすごい!

    日本全国不思議案内(2)って何だろう?
    きっと(1)もあるのでしょうが
    富安さん作だし
    カッパが気になるから
    まずは、読んでみましょ

    転入生がいたはずなのに
    居なくなったーというか
    みんなは、最初からそんな子はいないーと
    ちょっと強引な導入のような気もしますが
    あっという間に
    トオルくんの立場になっちゃって
    冒険?体験しちゃいます

    菜の子ちゃんの言うことを聞いちゃうトオルくんは
    歴史とか地元のことに詳しかったから
    選ばれし者だったのでしょうか?

    カッパというと
    どうしても岩手県遠野のイメージが強く
    カッパ=河童 河のイメージです
    なんと!それが壇ノ浦に???
    それも大群!!

    それに絡めて、平家の落ち武者、耳なし芳一や
    地元の4っつの山、神社、毘沙門天
    そして、短歌と絡めて・・・

    へぇ〜、へぇ〜 と
    いっきに感心しながら読んでしまいました

    菜の子ちゃん通信もおもしろいです!!

    地元発信にもつながり
    とても興味深いものでした

    次に、菜の子ちゃんは、どちらへ?
    宮城版を楽しみに待っています!!

    投稿日:2016/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 菜の子ちゃんに導かれ

    不思議な女の子、菜の子ちゃんに導かれ、カッパ石を探す物語にひきこまれました。次々でてくるユニークな登場人物がおもしろいです。特に、短歌好きの毘沙門天には笑ってしまいました。
    平家や耳なし芳一など、興味深いことも盛りこまれているので、下関を訪ねてみたくなりました。
    次は、菜の子ちゃんがどこに行くのかとっても楽しみです。、

    投稿日:2016/06/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「日本全国不思議案内(2) 菜の子ちゃんとカッパ石」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / だるまさんが / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット