新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
季節
しあわせいっぱい赤ちゃん絵本に〜っこりセット

しあわせいっぱい赤ちゃん絵本に〜っこりセット(くもん出版)

累計33マン部突破の大人気赤ちゃん絵本『に〜っこり』『おいし〜い』『おやすみ〜』が箱入りセットになりました! ギフトにおすすめです。

  • かわいい
  • ギフト

ちいさなきしゃ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ちいさなきしゃ 作・絵:五味 太郎
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1982年
ISBN:9784265905171
評価スコア 4.29
評価ランキング 17,808
みんなの声 総数 20
「ちいさなきしゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なんだかいい

    • ハルクンさん
    • 70代以上
    • じいじ・ばあば
    • 香川県

    ありそうで、ないアイデアの本ですね。なんだか、やさしい、穏やかな気持ちになります。不思議です。
    ちいさな汽車が、走っていきます。小さな子どもにとって、おもちゃは大切なもの。この絵本の汽車も、登場する寝ている男の子の宝物なんだろうなと思いました。

    投稿日:2019/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • まねしたくなるみたい

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳

    「てっきょうじゃないよ」ケラケラケラ 「トンネルじゃないよ」クスクスクス 
    足の指を走る汽車や、パジャマにもぐりこむ汽車を見て、否定しながらもよろこんでいる様子の息子。
    息子の大好きな、おもちゃの汽車で同じように体の上を走らせてあげると、「もっとやって!もっとやって!」と大騒ぎです。
    この絵本の中では眠った男の子の体を小さな汽車がはしりまわるけれど、うちでは汽車が走り出すと眠気は飛んでいってしまうようです。

    投稿日:2015/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車好きの男の子に

    寝ている男の子の上をちいさなきしゃが走っていくお話です。
    電車が好きな子だと楽しめるのではないでしょうか。
    娘はそれほど電車好きではないので、非常に冷静に見ていて(苦笑)。
    「ママ、きしゃがおなかを走ったら痛いよね」とツッコミを入れていました。
    現実的なのは女の子だからでしょうか。男の子だとまた違った反応がありそうです。

    投稿日:2014/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい子向きかな

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子3歳、男の子2歳

    2歳、3歳の兄弟ですが、このくらいの年齢だと少し物足りない感じがしました。
    五味太郎さんの絵本は大好きでよく読むのですが。。

    汽車がお昼寝中の男の子の体を走る様が描かれていますが、起承転結があまりハッキリしないかな。
    ストーリー性はないような感じです。
    言葉も短く簡潔なので、赤ちゃん〜2歳くらいまでの子には良さそうです。

    投稿日:2010/05/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ちいさなきしゃ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / パパ、お月さまとって! / 100万回生きたねこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


今月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット