くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

ブーツをはいたキティのおはなし」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ブーツをはいたキティのおはなし 作:ビアトリクス・ポター
絵:クェンティン・ブレイク
訳:松岡ハリス佑子
出版社:静山社 静山社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2016年09月01日
ISBN:9784863893443
評価スコア 3.85
評価ランキング 32,098
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • オンナノコだって冒険したい☆ 受賞レビュー

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    5歳の娘と読みました。

    黒猫のキティちゃんが主人公の、5歳に読むにはちょっと長い物語。
    でしたが、キティちゃんと、キティちゃんをとりまく登場人物、
    そしてキティちゃんのハチャメチャな行動にくぎ付けだった娘。

    「女の子は大人しい」という暗黙の了解、
    かつ、人間の大人たちの期待を一身に背負ったキティちゃんと、
    お兄ちゃんの後に生まれて女子として期待された自分が、
    とってもとっても、重なったのかもしれません。

    きちんと身代わりを立ててまで狩りに出ていくキティちゃんの姿に、
    きっと娘はワクワクしながら、
    次は何をやらかしてくれるのだろうと、
    最後まで物語に見入っていたのだと思います。

    オンナノコだって暴れたい!
    オンナノコだって冒険したい!

    という、オンナノコの深層心理にとっても共感できる絵本のようです。
    これは男子(11)たる生き物である長男には???だったらしく、
    ずっと同じお話を聞いていても、食いつきが全然違ったのが、
    とても対象的。で面白い発見でした。

    最後には分かる人は分かるオチのようなものもあるようで、
    娘はいち早くそれに気付き、絵本を巻き戻して確かめていましたよ!
    娘が幼年童話デビューした記念すべき第一冊目となりました。

    掲載日:2017/04/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ブーツをはいたキティのおはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / だるまさんが / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / どうぞのいす / キャベツくん / もこ もこもこ / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ひゅ〜どろどろどろだらけ〜♪おばけ野菜がいっぱい!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット