あかちゃん研究からうまれた絵本 かお かお ばあ あかちゃん研究からうまれた絵本 かお かお ばあ あかちゃん研究からうまれた絵本 かお かお ばあの試し読みができます!
作: 山口 真美 実験監修: 金沢 創 絵: ミスミヨシコ  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
0歳0ヶ月から読める、あかちゃんのための絵本。あかちゃんとお母さんの反応を実験して作られました。

あしたのぼくは・・・」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

あしたのぼくは・・・ 作・絵:宮西 達也
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\780+税
発行日:2006年08月
ISBN:9784591093689
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,318
みんなの声 総数 45
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 理想と現実

    • キャッティーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子6歳、男の子3歳、女の子1歳

    食べられないもの、1人でできないこと・・・
    そんなことは山ほどある。
    自分の理想像を思い描く、ある男の子のお話です。

    何でも、すぐにはできるようにはならないよ。
    でも、1歩1歩確実に前進しているから・・・
    頑張れ!

    我が子も、出来なくてイライラ・・・
    自分の不甲斐なさにくやし涙を流したりしているので、
    この絵本を読んでやりました
    熱心に聞いていましたよ。その後、自分1人で読んでいました。
    この絵本の主人公と一緒に、少しずつ成長していってほしいですね。

    投稿日:2011/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつまでも甘えん坊でいてね

    「おおきくなるっていうことは」を読んだときもそうでしたが、この本の中でも、子どもの成長のスピード、それに、得意不得意や、好き嫌いなど、みんなそれぞれなんだなあ、ということが実感できます。我が子と似ているところ、違うところ、いろいろ見比べながら、我が子の「今」を再認識するのも楽しいですね。

     たとえば、うちの娘は・・・、大きな犬でもへっちゃら。お風呂で泡遊びが大好き。歯磨き粉の味にも慣れ、水泳も得意中の得意。・・・・でも、1人で寝るのは絶対にいや!!
     それが、この絵本を読んだ夜、「Jは、1人で寝るの、あんまりこわくないよ。甘えたいだけもん!」と、言っていたかと思ったら、電気を消す前に、突然、「1人で寝てみたいなあ・・・。今日から1人で寝る!」と言い出した娘。
     子育て(子どもの成長)って、いつもこんなふうに「ある日突然」のことばかりだけれど、親のほうが、もたもた、オロオロすることもしばしば。その夜は、クイーンサイズを2つくっつけたベッドの1番端と端に「離れて」寝ることにしましたが、それだけでも、ママはとってもさみしくて、「そんなに急いで大きくならないでね」と、何度もお願いしてしまいました。(この「離れ離れ」も、数分しか続きませんでしたが!)

     でも、「だっこがだいすき あまえんぼう」は、今も赤ちゃんの頃も、まったく同じ。この絵本を読むたびに、「ママ、だい だい だい だい だーいすき!」と、抱きついてくれて、ほっぺに「『とびきりキス』をしてあげるね、チュッ!」と、キスの雨を降らせてくれる娘が、本当にいとおしく、「大きくなっても、ずーーーっと甘えん坊でいてね」と、メロメロ母さんになってしまう私です。

    投稿日:2010/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 前向きさがイイ

    一年生の息子に”自分で読んでね”と渡してみました。

    ぼくは△△。でも、あしたのぼくは…○○○!
    という繰り返しなので、あっという間に楽しく読めたようです。

    息子にとってはもうできるようになったコトもあれば
    まだちょっとできなかったりするコトもあって
    「明日のオレは力持ちかも!」と共感できる部分もあったようです。

    最後のページがそれまでの繰り返しと違うオチになっていて
    私は好きだな〜

    子どもを応援してあげたくなる絵本です。

    投稿日:2009/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • あっはっは、甘えん坊はだれかさんそっくり

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子8歳、女の子6歳、女の子1歳

     きょうはだめだめのぼくだけど、明日のぼくは大変身、きらいなピーマンやニンジンぱくぱく。苦手なこともばっちり!!そんな繰り返し。
     「ぼくはあまえんぼう、でもあしたのぼくは…」ときました。その答え「やっぱりすごーくあまえんぼう」に、思わずにやり、声を立てて笑っちゃいそうになりました。
     外ではすごく偉そうにするんですけどね。うちの兄弟は妹よりも甘えん坊、男の子ってそんなんなんですかね。私は共感できたのですが、6歳の妹は割とさめて読んでいました。ですから☆4つです。

    投稿日:2009/01/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あしたのぼくは・・・」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / どうぞのいす / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット