新刊
おともだちに なってくれる?

おともだちに なってくれる?(評論社)

ミリオンセラー『どんなにきみがすきだかあててごらん』のかわいい続編♪

  • かわいい
  • ギフト
新刊
2〜4歳 はじめてのおけいこ 特別限定版DX(デラックス)特典付 〜おけいこデビュー大応援!5点セット〜

2〜4歳 はじめてのおけいこ 特別限定版DX(デラックス)特典付 〜おけいこデビュー大応援!5点セット〜(学研)

箱を開けたらすぐできる!数量限定DX版♪SNSキャンペーンも開催中!

  • 学べる
  • ギフト

こわい、こわい、こわい? しりたがりネズミのおはなし」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

こわい、こわい、こわい? しりたがりネズミのおはなし 文:ラフィク・シャミ
絵:カトリーン・シェーラー
訳:那須田 淳
出版社:西村書店 西村書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2016年11月07日
ISBN:9784890139767
評価スコア 4.55
評価ランキング 5,875
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ねずみが「こわい」を探すお話

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    子ネズミが「こわい」をさがしに出かけるお話です。
    絵がリアルで、迫力があります。最後の方でネズミが本当に怖いものに出会ったときの絵は、見てる方もとっても怖かったです。最後はほっと安心する終わり方なので、小さい子も安心して読めます。
    子どもにとっては「こわい」さえも好奇心の対象なんですよね。実際にいろんなことを経験することは大事なことだと思うけれど、見守る大人はどきどきします。子どもが経験を積んで一回り大きくなって帰ってきたとき、優しく出迎えてあげられる安心できる家を作っておきたいなと思いました。

    親子でドキドキしながら楽しく読みました。おもしろかったです。

    投稿日:2016/12/17

    参考になりました
    感謝
    2
  • 子どもにとっては

    大人になると忘れてしまいますが、子どもにとっては、「こわい」という感情も最初はこんな気持ちだったのだなぁと思いました。ついつい見てみたくなる、知りたくなる。いわば好奇心のような気持ち。そうやって子どもはこの世界のことをひとつひとつ学んでいくのですよね。だからこそ、もっともっと子どもの気持ちに寄り添った育児をしたいなぁと思ったのでした。

    内容も実際にかなり「こわい」のですが、最後はちゃんと安心できる結末です。なので5歳の娘もホッとした顔をしていました。よかったです。

    投稿日:2016/12/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 百聞は一見に如かず

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    怖いもの知らずが、本当に怖いものに合ったとき、
    きっとこんな感じなんでしょうね。
    その時には、こんなふうに本能で
    感じるものなんでしょうね。

    言葉だけじゃ実感できないけれど、
    一度体験したらわかるっていうのは、
    子どもも同じような気がします。

    まさに「百聞は一見に如かず」ですね。

    投稿日:2020/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖いという感情を共有できました

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    「こわい」という気持ちが分からないねずみの子が、こわいを探して出かけます。
    ライオン、ハリネズミ、亀、どれだけ聞いても分からなかったこわいが、蛇に会ったとたんに分かるからすごい。本能ですね。
    でもそういう、誰かに教えられるものではなく、怖いという感情に出会って初めて分かる怖いという気持ちを、言葉と感覚で表してあって、感情を共有できるのがいいですね。

    投稿日:2017/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「コワイ」と会ったら・・・

    甥っ子たちに読みました。

    子ネズミ「ミナ」は、「コワイ」を探すために出かけていって、いろんなものに出会います。みんながこわいと思いそうなライオンだって、ミナには「コワイ」じゃない。でも、ついに「コワイ」に出会ってしまって・・・!
    ミナにとっての「コワイ」もの、ページを開いてびっくり。結構な迫力です! 甥っ子は、震え上がるミナみたいな表情になっていました(笑)。
    だけど最後は、ホッとできる場面で終わります。みんなで一安心。

    子どもが怖いと感じるものや出来事っていっぱいあるけれど、恐怖感に漠然と包まれているのは大人だって嫌なもの!
    この絵本はシンプルなストーリーだけれど、子どもたちが「怖い」って何だろう、なんで怖いんだろう?と、気持ちに向かい合うきっかけになるのかもしれないなあと思いました。

    最後の、お母さんネズミの言葉、
    「みんなのところにおいで。こわくなくなるからね」
    そして家族と体をくっつけると、
    だんだん体があったまってきて、ミナの「コワイ」の気持ちが消えていきます。
    この場面が丁寧に描かれているのが、とっても良かったです。
    甥っ子たちにも、「怖い」と思ったときにどうやって気持ちを落ち着けたらいいか、伝わったかな?

    これから先も、何か怖いことがあったら、この絵本と、家族のぬくもり、くっついた体温を思い出してほしいと思います。

    投稿日:2016/12/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後はあったかくて 受賞レビュー

    5歳の息子と読みました。
    絵がとても魅力的。
    「こわい」を探す、ネズミのミナ。
    ライオンや犬は怖くないのに、、
    やっぱり「食べられる」と本能的に感じるヘビには怖いのか(笑)
    息子のお気に入りは亀のシーン。
    亀の怖いものに、ずっと笑いっぱなしでした。
    「ありんこがなんで怖いの?」「なんで、うんこが怖いんだろう」と
    さまざまな疑問があったようです。
    最後は、家族に囲まれて寝ると「こわいきもちが消えていく」というあったかい終わり方だったのもよかったです。

    投稿日:2016/12/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「こわい、こわい、こわい? しりたがりネズミのおはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『みそしるをつくる』『おにぎりをつくる』インタビュー

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット