しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

こえだのとうさん」 大人が読んだ みんなの声

こえだのとうさん 作:ジュリア・ドナルドソン
絵:アクセル・シェフラー
訳:いとう さゆり
出版社:バベルプレス
本体価格:\1,500+税
発行日:2015年12月01日
ISBN:9784894491595
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,370
みんなの声 総数 14
「こえだのとうさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「小枝のとうさん」が主人公!

    「とうさん とうさん こえだのとうさん
    ○○○には ごようじん」

    とリズミカルに訳してあり
    口ずさんでしまいます

    小枝が生きている!?
    それも家族思いのおとうさん

    ところが・・・大変!!
    どこまで行っちゃうの?
    もしかして・・・燃やされちゃう!?

    いえいえ
    大丈夫!!
    小枝ながら
    いろんな使い道があるものです
    「役に立って」いるのです
    すごいことですよね

    ハッピーエンドでよかった♪

    クリスマス前に
    お読みくださいませ

    全ページためしよみで
    楽しませていただきました

    投稿日:2016/12/01

    参考になりました
    感謝
    2
  • 春から冬への長い旅!!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    表紙で主人公の「こえだのとうさん」が走っています。
    こんな風に主人公が走っている絵の絵本って、たくさんあるので、初めはあまり気にしていませんでした。
    でも、この話は壮大ですごかったです。

    「こえだのとうさん」はこのおはなしの中でずっと走り続けているんです。
    立ち止まっているときもありますが、それは白鳥の雛たちが孵るための大事な時間だったりしたので仕方ありません。

    これを言ってはおしまいですが、「こえだのとうさん」と普通のこえだの違いって、どこだったんでしょう。「こえだのとうさん」って、実は妖怪(妖精)みたいな存在だったのでしょうか。
    読んでいる最中ずっとそこが気になっていました。

    最終的にはサンタさんも登場するので、子どもたちに読んであげるときは11月から12月くらいがよいかな〜と、思いました。
    「こえだのとうさん」の春から冬への長いハードな旅、この絵本で一緒に旅してみませんか。

    投稿日:2017/08/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • ハラハラ、ヒヤヒヤ

    なんて可哀想な、こえだのとうさん!
    読みながら、ハラハラしてしまいました。
    特に、終盤のだんろの場面では、思わずヒヤヒヤ…。
    無事に助けてもらうことができて、本当に良かったです。
    独特の世界観が広がっていて、斬新な絵本だなと感じました。

    投稿日:2017/03/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • クリスマスの絵本だったのですね

    全頁お試し読みで読みました。
    3にんの子供とおくさんと一緒に暮らしているこえだのとうさんが
    ジョギングをしているときに、犬と出会ってしまいました。
    ○○には ごようじん!の繰り返しの言葉とともに、こえだのとうさんには
    次々と災難が起こってしまいます。
    一番困るのは、たきぎにされることだと心配していると、、
    案の定、暖炉で寝込んでいます。
    でも、このかたと知り合いだったの?
    グッドタイミングで出会えました。
    長い長い旅だったように思いますが、クリスマスにご帰還です。

    投稿日:2016/12/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • こえだが主人公の珍しい絵本

    小枝が主人公のクリスマス絵本は初めてです。

    なぜ小枝が?と思うところはあるものの、外国らしいイラストや色使いはやはり惹きつけられるものがあります。

    犬の遊び道具になったり、川に投げ込まれたり、最後はこえだのとうさんが燃やされるのではないかとひやひやしました。
    クリスマス絵本にふさわしくハッピーエンドだったのでほっとしました。

    投稿日:2016/12/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 最後まで、ドキドキでした!

    全頁試し読みで読みました。こえだに、家族があるとは、驚きながらどうなることかドキドキ心配しながら読んでました。ある朝こえだのとうさんがジョギングに出かけたことから始まって、無事に愛する奥さんと3本の子供たちの元まで帰れるまで、いろんな目にあって気の毒やら、いろんなことにつかえるんだなあと感心して読んでました。サンタさんのお陰で暖かい家庭の元に戻れたことが、本当によかったです。こえだのとうさんがいないと寂しがっていた家族に、これからは居なかった分も幸せな家庭を築けると思いました。家族は誰が欠けても寂しいから、こえだのとうさんが帰れて本当によかったと思いました。

    投稿日:2016/12/04

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「こえだのとうさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット