新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

おやすみ、エレン」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

おやすみ、エレン 著:カール=ヨハン・エリーン
監訳:三橋 美穂
出版社:飛鳥新社
税込価格:\1,426
発行日:2017年02月14日
ISBN:9784864105552
評価スコア 3.9
評価ランキング 39,485
みんなの声 総数 38
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 我が子にはあまりでした

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    催眠術のようで、何度も何度も、眠くなってきたでしょう。という感じの言葉がでてきます。
    確かに、たいくつなのでママのトーンも自然にさがるし、ママの静かな声で眠くなってくるんだけど…。
    息子は、ママ、この絵本はもういい。と途中で辞退してしまいました。娘は、自分の名前がでてくるたびに喜んで、それ以外はあまり興味がない様子。
    我が家には向いていないみたいでした。残念。

    投稿日:2017/05/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 眠りの冒険 受賞レビュー

    眠るのに出かけていく冒険。
    はらはらどきどきはしません。
    ゆっくりと静かに穏やかに気持ちが落ち着いていく冒険です。
    優しい絵とともに、言葉でゆっくりと眠りの世界へ連れて行ってくれるような絵本でした。
    子どもの名前を言うところは最初は違和感があったのですが
    、子どもに語るように呼び掛けることで自分も物語の中に、
    眠りの森の中へ一緒に入っていっているような気持ちがするのかもしれません。
    そして読んでいる自分もところどころにあくびをするところがあって、
    そこであくびをしていると、読み手も一緒に森の中へ入り込んでいるんです。
    ただ文を読んでいる人ではなくて、
    子どもとぞうのエレンと一緒にママだって冒険をしているんですよね。
    だからいつのまにか読んでいる自分の体もぼんやりあったかくなって、
    一緒に布団にはいていると、
    ほかほかの体温で包まれて、子どもはいつのまにか眠ってしまう。
    それでも子どもたちは眠りながら冒険は続いているのかもしれませんね。

    ロジャーに比べると絵が優しくて毛布をかけてあげるママ象が素敵だなとおもいました。気持ちを落ち着かせてくれる本です。

    投稿日:2017/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おやすみ、エレン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / ボードブック はらぺこあおむし / ちいさなあなたへ / いいこってどんなこ? / 100万回生きたねこ / あおくんときいろちゃん / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4月の新刊&オススメ絵本情報

全ページためしよみ
年齢別絵本セット