新刊
まんぷくよこちょう

まんぷくよこちょう(文溪堂)

おいしい食べ物、おしゃべり、ふくびき、商店街の魅力満載!

  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

かしてあげたいな」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

かしてあげたいな 文:八木田 宜子
絵:長 新太
出版社:絵本塾出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2017年04月13日
ISBN:9784864841139
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,755
みんなの声 総数 47
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ユーモア

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    実はタイトルだけを見て、
    おもちゃの取り合いばかりする息子たちに
    いいしつけになるのではと
    期待しながら読んでみたら
    全く違いました。

    でも、説教くさくなくて、
    こんなふうにユーモアで
    自分のものを貸してあげようとする姿勢
    いいなあと思いました。

    投稿日:2020/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい気持ちに☆

    男の子の発想がとてもユーモアあふれていて面白いです。
    貸してあげたもので、借りた人が幸せになるってとても素敵だなぁと思いました。
    男の子の優しい気持ちが伝わってきて心が温かくなります。
    イラストもかわいくてすごく素敵な絵本だと思いました。

    投稿日:2017/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「かす」って意外に、難しい。 受賞レビュー

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    5歳の娘と読みました。

    「かす」というのは子供には意外と難しく、
    5歳の娘も、10歳の長男も、「かしてあげる」が永遠のテーマ。
    普段使っていないオモチャでも、
    「かして」と言われた瞬間から、
    なぜか一番の宝物になったりするのです。

    自分のものなんだから、かえしてくれるんだから、
    今だけ、かしてあげて。
    といっても、なかなかうんと言ってくれない。

    そんな娘と読ませてもらったこの絵本。
    てんとうむしさんにスプーンを、
    ねずみさんにフォークをかしてあげるこの男の子を見ていると、
    なんだかとっても暖かくなります。

    かして って言われてないけど、
    そして、それをかしてあげたら、こんなこともできるねって
    そこまで考えてくれていて、
    暖かさがじんわりと伝わってきます。

    「かす」を通して、自分も相手も、
    とっても優しい気持ちが育まれるということが
    ちょっとでも子供たちに伝わったら嬉しいな、と思った一冊でした。

    投稿日:2017/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子の会話が弾みます!

    身近にあるものを、動物や昆虫に貸してあげるストーリー。
    イラストの色使いがくっきりしていて、小さなお子さんの
    目を引きそうです。話のテンポもよく、楽しく聴けると思います。
    家のものを使って、これは誰に貸してあげようか?なんて
    親子の会話が弾みます。
    言葉を覚えたての小さい子にオススメです!

    投稿日:2017/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくのもっている傘、帽子、マフラーなどを、いろいろな動物たちに貸してあげます。どれも、その動物にしっくりくるものばかりで、動物たちも気に入っている様子です。ぞうのおかあさんも嬉しそうで、ラストはうちの子どもも「いいな〜!」と言ってました^^

    投稿日:2017/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • アイディアが楽しい

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    自分のものを昆虫や動物に貸してあげたいな。という男の子の想像が楽しい。
    スプーンはテントウムシさんのすべりだいに、てぶくろはねずみのブランコに、、シーツはぞうの前掛けに。
    本来の用途と違うそのアイディアがおもしろくって、こう考えたら楽しいね。というヒントをもとに、読んだ後も会話がはずみました。

    投稿日:2017/05/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かしてあげたいな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / よるくま / いいこってどんなこ? / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(47人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット