となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

たべものはどこからやってくる?」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

たべものはどこからやってくる? 作:アゴスティーノ・トライーニ
訳:中島知子
出版社:河出書房新社
本体価格:\2,000+税
発行日:2017年07月05日
ISBN:9784309278308
評価スコア 4.42
評価ランキング 10,545
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • すごく細かくて読みがいがあります! 受賞レビュー

    子供と一緒に読みました。本当に絵も細かくてただ眺めているだけでもワクワクしてしまいそうな感じですごく良かったです。子供が読みやすいようにフリガナもふってあるのも良いなって思いました。

    うちの主人はフランス人なのでこの本の中に出てくる日本では見慣れない食べ物とかも結構子供も知っているものも有って、あ、これパパの好きな野菜だ、とかお肉だ!とか言いながら色々と楽しみながら見てくれました。

    それにこの本は食べ物がどうやって作れているか、そして加工されたりしているかなどがすごく詳しく描かれているので子供にもイメージがとてもしやすいみたいで本当にいい勉強にもなるなって思いました。

    うちの子供は毎日3度の食事にすごく時間がかかっているし食事をするのを嫌がっているような子なので、この本を通じてもっと食に関して楽しみながら食べてくれるようになると良いな、そう思いました。この本を通じて食べ物をスーパーで買うときや食事中にもこの本の中に描かれている食べ物が食卓に出てきたりすると話題に出して子供にもっといろいろな食べ物に興味をもってもらえたら良いな、そう思いました。

    本当に食べるのが嫌いな子供には苦労をしていますが、この本ならきっとそんなうちの子でも興味を持ってあれを食べてみようかなとか思ってくれるようになるかも、そう思っています。

    主人にもこの本を通じて子供と一緒に知っている野菜とか果物とか色々と見て、そして主人にもこれはこうやって作られているんだよとか子供とのコミュニケーションの場として読んでもらえたら良いなと思っています。

    本当に絵もすごく丁寧で可愛らしくて楽しめるし、いろいろな説明もされているので本当に勉強にもなるし、眺めているだけでもとても楽しい1冊なので、食べ物にもっと興味を持ってもらいたいお子さんにはもちろん、お誕生日のプレゼントにしてもすごく喜んでもらえる素敵な1冊だと思います。オススメです。

    投稿日:2017/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 散漫だったかな・・・

    タイトルといい、絵のタッチといい、とても期待して子どもたちに読んでみたのですが・・・。
    内容が細かすぎるというか、ページ全体に色々と描かれすぎていて、散漫な印象でした。
    子どもたちも気が散ってしまったようで、じっくり見る&聞くという感じではなかったです。
    もう少し大きくなって自分から興味を持って手に取ったらまた違うのかもしれません。

    投稿日:2017/07/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「たべものはどこからやってくる?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / いないいないばあ / ねないこ だれだ / からすのパンやさん / はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット