くわがたむしのなつ くわがたむしのなつ
文: 谷本 雄治 絵: サトウ マサノリ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
夏の新ていばん!人間達の知らないくわがたむしのドラマ!

葉っぱのいのち 」 大人が読んだ みんなの声

葉っぱのいのち 作:ビーゲン セン
絵:うさ
出版社:絵本塾出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2016年12月21日
ISBN:9784864840972
評価スコア 4.38
評価ランキング 12,220
みんなの声 総数 7
「葉っぱのいのち 」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんなふうに命はつながっているんだ・・

    文字は少なめ、きれいな色彩の木が印象的でとても美しいです。
    まるで絵画を見ているかのような絵本で、その中に大切なテーマが隠れています。
    タイトルにもあるように葉っぱのいのちを絵本を通して学ぶことができます。
    季節のうつろい・・そして土にかえったあと、形は見えなくても海のいのちへと繋がっている点を子どもにもわかりやすく伝えてくれます。
    目に見えないとわかりにくいけれど、この絵本を読めば、こんな風にしていのちって繋がっているんだなということを実感できると思います。

    投稿日:2019/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • えがきれいです

    これは植物のいっしょうですね。
    季節によって、葉っぱの形や色がかわり、居場所も変わりますね。
    そうした式によっての変化をうまく表現できているなと感心します。

    ふだん何気なくしていると見落としてしまうことに気がつき
    こうして絵本にまとめ上げることができるのは感性豊かな人だと
    おもいました。それにうまく絵がマッチしているから余計に
    心に響いてくるように思います。

    やさしい絵本ありがとう。

    投稿日:2018/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 葉っぱ

    今、小学一年生になった孫が、「葉っぱ 葉っぱ」と指差して言っていたのがとても懐かしく思って、図書館から借りてきました。「葉っぱのいのち」がタイトルなんですが、美しい風景に見惚れてしまいました。葉っぱは、日差しをたっぷりと浴びて、風にも雨にもまけずに、しっかりとした葉っぱになって、落ちてからもしっかりと役目を果たしているし、虫食いの葉っぱまでも、豊かな海を作っているんだと改めて学びました。紅葉した葉っぱが現れた時には、凄く綺麗なので、いつまでも見惚れてしまいました。

    投稿日:2018/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然の大きなサイクル

    普段は誰も気に留めないことかもしれませんが
    植物も生き物も、いろいろなものが自然の大きなサイクルの一端を担っているのだと再認識できます。
    わかりやすいお話ときれいな絵で子供たちに紹介してあげられる
    大切な絵本だと思いました。
    広葉樹の集まりが、秋に赤く染まる絵はとてもきれいで
    木の根元に柔らかな布団のように散り積もる冬の枯れ葉の
    絵は優しい気持ちになれます。

    投稿日:2018/01/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「葉っぱのいのち 」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / よるくま / おばけのてんぷら / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット