まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ぞろりぞろりとやさいがね」 大人が読んだ みんなの声

ぞろりぞろりとやさいがね 作:ひろかわ さえこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2017年09月19日
ISBN:9784032324907
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,258
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「不満」を納得させるとは!?

    ひろかわさんの絵が大好きで

    「あのやまこえてどこいくの」や
    野菜の作品や紙芝居もだ〜い好きです

    で、こちら
    ちょっと怖いの?と、気になって手に取りました
    野菜のおばけ?

    あ・・・冷蔵庫の中とか
    ちょっとおきっぱなしの野菜とか・・・
    心当たり、おおいにあり
    す、すみません・・・

    これは、主婦、家事担当をすれば
    あるある ですよね

    で、「不満」「愚痴」を訴える

    もっともです
    悪いのは、人間です

    でも、なんということでしょう!!

    “土にかえって土をこやす”といったミミズ和尚の深い言葉
    びっくりです

    読み手もありがたい説教を受けたような気持になりました

    「不満」の顔ではなく
    生き生きと土の中に入っていく野菜達
    そして・・・
    最後がいいですよね

    よかったぁ〜!!
    という安心感もうれしいです

    消費期限、賞味期限も大事です

    野菜も命
    命あるものを美味しくいただくのは
    人間が課された大事なことではないでしょうか

    と、意味がしっかりわからなくても
    この作品を読んで
    大きくなってから
    大人になってからでも
    あ・・・そういえば・・・って、気付いてほしいことですね

    気持悪がられるミミズですが
    大切な役割をしていることにも
    気付く子もいるかもしれません
    ミミズ和尚の設定というのもなかなかすごいです!!

    投稿日:2018/02/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • “土にかえって土をこやす”深い言葉です。

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    絵はとっても素敵、一つ一つの野菜たちの姿に愛を感じます。
    野菜たちはかわいらしいのですが、
    内容は自宅などで食品を管理したり、賞味期限を考えて料理をする経験があってこそ、ここに登場する野菜たちの気持ちがわかるような気がしました。
    「経験」があれば、野菜たちの不満も、最後に“土にかえって土をこやす”といったミミズ和尚の深い言葉の意味もしっかり伝わるのではないでしょうか。、

    なので、この絵本は紹介する対象が難しいなぁと、読み終わって思いました。小学校の高学年以上、中高生で、植物に興味がある子、料理が好きな子などにいかがでしょうか。

    投稿日:2018/01/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 台所の片隅ですっかり古くなった野菜たちのきもちに、”どっきーん!”としたのはいうまでもありません。じゃがいもの言った言葉”われわれはー、おいしくたべられるために、うまれてきたのである!”に、{どっきーん”!}としてしまいました。野菜たちに感謝して、新鮮なうちに美味しく頂きたいと反省したわたしでした。忘れないように時々読みたいなあと思いました。

    投稿日:2018/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 台所で忘れられた野菜たち

    題名と表紙から漂う怪しい雰囲気。
    あのかわいい絵が魅力のひろかわさえこさんがなぜ!?と思ってしまいました。
    それもそのはず、台所の片隅で古くなった野菜たちの物語です。
    使うのを忘れていた野菜、誰もが身に覚えがあるのではないでしょうか。
    野菜たちの嘆きに、思わず心が痛みます。
    そして、後半、ミミズ和尚の登場で、物語は意外な展開へ。
    土に還る、という提案は、ミミズだからこその説得力です。
    何より、私たちに、野菜を大切にいただく大切さを実感させてくれますね。
    小学生から大人まで、滋味深く学べると思います。

    投稿日:2018/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰にでも身に覚えがあると思います。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子6歳、男の子3歳、女の子0歳

    台所の片隅で腐らせてしまった野菜達に焦点を当てたお話。「腐ってしまったからって心まで腐っちゃいかん」。そうだよな、ほんとそう、と思いながら自分自身の生き方について見直すきっかけにもなりました。意外と深い絵本です。

    投稿日:2018/01/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぞろりぞろりとやさいがね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ / いないいないばあ / きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • くだものどうぞ
    くだものどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★読み聞かせや初めてのおままごとに★   果物の皮をむいて「はいどうぞ」のやりとりが楽しいしかけ絵本


ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット