うし」 大人が読んだ みんなの声

うし 詩:内田 麟太郎
絵:高畠 純
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2017年07月25日
ISBN:9784752008002
評価スコア 4.48
評価ランキング 9,464
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 感想はぜひ、対談を読んでから。

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    この感想を書く前に、金垣さんと作者のお二人の対談も読みました。
    絵本を読んだだけではわからない制作秘話((笑)?)などもいろいろ知ることが出来て楽しかったです。
    「うし」の感想を書く方はまず、この対談を読まれることをお薦めします。

    で、本編の「うし」ですが、表紙を見た時からインパクトありました。
    この高畠純さんならではのとぼけた顔がいいです。
    めくっても牛、めくっても牛、牛しかいない絵本です。

    もともとが内田麟太郎さんの「詩」なので、この繰り返しのリズムがたまらなく面白いです。

    対談を読んで驚いたのですが、たくさん牛が描かれているシーン、高畠純さんはすべて手書きで、1体1体違う牛を描かれているそうです。
    確かに、もう一度見直してみると、1体1体模様が違います。
    プロの技、すご〜っ!
    しかもこのたくさんいる牛の模様の中には、内田麟太郎さんと高畠純さんのイニシャル模様の牛がいるそうです!
    さぁ、探してみてくださいね。

    最近、読み聞かせの導入に「詩」の絵本をよく使います。
    こうすることで、子どもたちの聞く「耳」が大きくこちらを向いてくれるような気がします。

    この「うし」もこれからフル活用させていただこうと考えています。

    投稿日:2017/11/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 言葉+絵=迫力!!

    内田さんと高畠純 さんのコンビ
    これは、絶対間違いないはず!
    気になって
    図書館にリクエスト

    えっ?
    「うし」と「うしろ」のだじゃれ?
    つながり言葉あそび?

    いえいえ
    違うんです
    これが、すごい!!

    後ろに、牛がいるんですけど
    それが
    どんどん・・・

    牛1頭ずつ、柄が違いますよ

    うわぁ〜〜〜!!

    すご〜い!!

    おかしい!!!

    迫力、ど迫力!!

    おもしろいです
    高畠さんの絵が、飛び出してきそうです

    オチにも なるほど!!
    ナンセンスでも
    とてもわかりやすいです

    声を出して読む時は
    練習が必要かも(笑
    つっかえないで
    読んだら
    子どもたちに、尊敬される!?かも(笑

    これは、文と絵のコラボのすばらしさかと

    投稿日:2017/09/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • ほんとにもう(笑)

    牛がうしろをふりむいた…

    どんなお話がはじまるのかなと思ったら
    牛がどんどん増えてつながって
    しまいにギュウギュウになる展開。
    繰り返しが続き
    言葉のリズムが絶妙で
    最後の落ちが
    子供にも大人にもウケそうです。
    詩をもとに作られたようですが
    ちょっとユーモラスな表情の絵と
    ピッタリです。

    投稿日:2021/01/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目も耳もフル回転

    表紙絵から、面白みのオーラを感じます。
    しかもこのアングル。
    表情といい、絶妙です。
    内田麟太郎さんの詩に、高畠純さんの絵が伴走します。
    牛が後ろを振り返ったら、牛がいた。
    そしてその後ろも、延々と。
    牛がたくさん描かれたページは圧巻です。
    まるで、ゲシュタルト崩壊。
    インタビューによると、この絵には、作者のイニシャルが潜んでいるとか。
    そんな遊び心も、高畠純さんならでは。
    そして、究極のオチは、お見事です。
    いえ、牛だからこそ。
    幼稚園児くらいから、目も耳もフル回転で楽しんでほしいです。

    投稿日:2020/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • あきれてつぶやいた

    「ワニぼう」シリーズでおなじみ、内田麟太郎さんと高畠純さんコンビの絵本。
    脱力系の絵と、言葉遊びが楽しく、息がぴったりといった感じです。
    1頭のうしが後ろを振り返るとうしがいる。
    そのうしも後ろをふりかえるとうしがいて、
    その後ろも、またその後ろにも、ずーっとうしがいるのです。
    あきれてつぶやいたセリフも、最高ですね。

    投稿日:2020/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルだけど奥が深い面白い絵本

    うししか登場しない!
    出てくる言葉もうしうしうし!

    でもただシンプルなのに笑ってしまう面白さ。
    さすがは内田さんのセンスではないでしょうか。

    うしの後ろ姿がひたすら続くこの絵本、早口言葉のように気を引き締めて読まないと詰まってしまいそう。
    最後の一言もしっかりとオチがあり、一見ナンセンスなようによく考えられていると思います。

    投稿日:2018/01/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • わらいました

    お試しで読みました。
    1匹目は、
    どんどんちがうどうぶつが出てくる絵本だと思い、
    2匹目は、
    うん?
    3匹目は、
    ふふっと笑えて、
    、、、、おおおっ増えた 増えた
    オチが 全然予期していなくて わらいました
    楽しいですね。

    投稿日:2017/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • うし、だけ!

    高畑さんの絵がすきなので、思わず表紙をみて手にとってしまいました。
    タイトルどおり、ほんとうに「うし」だけ! 読みながらびっくりです。
    うしの詩もすごいインパクトですが、絵もすごい。
    なんとなく想像していたラストは、しっかり裏切られ笑ってしまいました。

    投稿日:2017/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつまでも続くの?

    全頁試し読みで読みました。丑歳の私としては、主人公(?)になった気持ちでしたが、”うし うし うし うし うし・・・・・・”と、いつまでも続くので「永遠に続くの?」と思いました。うし柄も少しつづ柄が違っていたので一頭つづ丁寧に描いてあって一頭つづが主人公なんだと思いました。私は、うしの絵が気に入ってます!

    投稿日:2017/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • うしがうしろを振り向いた
    だんだん数が増えてきた うしうしうし
    どこまでも うしがつずいた この光景は あっかん
    でも   牛がひしめき合ってるのみると えっ? これどこ?
    うしたちは どうなるの?
    うしはあきれて つぶやいた 「もう」 これだじゃれかな?

    牛の運命考えてしまうのですが・・・・・
    これかんがえすぎかな?   

    これ 内田さんの詩ですね   絵があり 絵本になるとやはり リアルに物事が見えるんです

    投稿日:2017/11/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「うし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット