なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

はなのみち」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

はなのみち 作:岡 信子
絵:土田 義晴
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1998年
ISBN:9784265034499
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,249
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 春が待ち遠しい。

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    くまさんが袋を見つけました。何かがいっぱい詰まっています。リスさんのところへ訊きに行きますが、袋に穴があいていて全部なくなってしまっていました。冬が訪れ、雪が溶け・・春になってみると…。素朴なお話なのに、まるで雪解けを誘う春の日差しのようにじんわりと心が温まるようなストーリーです。

    投稿日:2019/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私も小学校で学びました!

    私も小学校の時に光村図書の教科書で学んだお話です。
    図書館で見かけて、本当に懐かしくて手に取りました。

    詳しい話は覚えてなかったのですが、
    袋に穴が開いてて残念に思っていたけど、
    春になったら花の道が出来たっていうのがステキでうっとりした記憶がありました。

    もっともっと長いお話だと思っていたのですが、わりとスッキリした文章です。子どもの感覚では長く感じたのかな…

    娘といえば「お花大好きやから、ジイジのお家(車で10分)まで花の道作りたいね〜」なんてメルヘンな感想でした。

    投稿日:2011/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なおはなしです

    小学1年生の教科書に掲載されている、初めて出会うお話です。

    にいにも、ねえねもすらすらと暗唱できてしまうほど大好きなお話です。
    短い文章の中に、豊かな想像力が試されます。
    教科書とは違う楽しみは画面いっぱいに、季節の移り変わりを感じることができるところでしょう。

    お話の中の
    「しまった!あながあいていた!」
    というセリフをどう読むかによってすべてが決まると言ってもいいすぎではないでしょう。

    ラストの「はなのみち」春がめぐってくる喜びを感じられずにはいられません。

    ぜひ、手にとってみてください。

    投稿日:2008/11/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はなのみち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / まどから おくりもの / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / おこだでませんように / ねないこ だれだ / めっきらもっきらどおんどん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット