新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

どこ? とびらのむこうのさがしもの」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

どこ? とびらのむこうのさがしもの 作:山形 明美
撮影:大畑 俊男
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2006年07月
ISBN:9784062134620
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,739
みんなの声 総数 54
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 扉の向こうの世界に釘づけ

    すっかりどこ?シリーズのファンになってしまいました。
    表紙の扉の写真を見ただけで、その向こうに待ち構える光景を想像してドキドキします。
    扉を開くと、素敵なお店がありました。その奥には縫製工場?
    ミシンや針と糸が働いてお洋服ができていく楽し気な様子に息子も釘づけです。
    次々と広がる扉の向こうの世界は何が飛び出してくるか想像もできないので、親子でドキドキしながらページをめくりました。
    かわいらしいお洋服は女の子が喜びそうですが、男の子の好きな世界もきちんと入れていただいていて、息子はロボットや水の世界は歓声を上げていました。
    ちょっと寂し気なラストシーンもまた明日新しい冒険ができると思えば悲しくはないですね。
    お休み前の読み聞かせにもよさそうです。

    投稿日:2015/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっと出会えた娘への一冊☆

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    5歳上の兄が『ミッケ』をやっているのを、
    いつも気持ちでは参加している娘。

    全然戦力になってない娘を見て、
    『ミッケ』ほど難しくはない、
    でも赤ちゃん絵本でもない、さがしもの絵本を
    ずっと見つけていました。

    そしてやっと出会えたのが、
    この「どこ?とびらのむこう」の絵本です☆

    とびらの向こうの世界には、
    可愛らしいお洋服、
    素敵に散らかってるシャワールーム、
    ロボット工場にかんづめ工場、
    とにかく不思議で可愛い世界がたくさん!

    配色もよく研究されていて、
    ぐっと心を引きつけるページに、
    4歳の娘にはちょうどいい難易度のさがしもの、
    そしてかならず猫のクロがいるという安心感。
    すぐに見つかるものと、
    なかなか意外に難しいもののバランスも、
    とってもちょうどいいのです。

    本当にいい絵本に出会えました。
    作者の山形さんにありがとうの気持ちをこめて、
    1ページ1ページ、大事に大事に読んで、探しています☆

    投稿日:2015/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さくて汚くて黄色い扉を

    4歳の息子と読みました。
    探し物の絵本は、息子も大好き。
    今回は、黒猫が出てきて、かわいい感じ。よく作り込まれています。
    息子が好きだったのは、ふたつの扉の見開き。
    青い綺麗な扉より、息子は小さくて汚い黄色い扉を選んだのが意外でした。
    なんだか楽しそう、だそうで。
    さかさま、あべこべの見開きでは、絵本をひっくり返したり、横にしたり、
    大喜びでした。
    楽しかったね。いつのまにか、いろんな単語も覚えたんだね。

    投稿日:2015/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ガッツポーズ!!

    このシリーズが大好きな娘は、本を見つけると、早速探し遊びを
    始めます!!
    字が読めるようになったのもあり、一人で読んで、一人で見つけて、
    一人でガッツポーズ(笑)!!
    幼稚園生くらいにちょうどよい難易度です。
    今回は扉がたくさん出てくるのですが、色とりどりで、形も模様も
    違って、とっても楽しいです。
    扉の奥に広がっている空間もいろいろで、ページをめくるたびに、
    わくわくします。
    大人も楽しめるので、ぜひお子様と一緒に探し絵遊びをしてみて
    ください♪

    投稿日:2015/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 脳を使う

    子供がどこやどこや?と真剣に探してました。
    ちょっと難しいのでかなり集中力を使うようで
    雨の日で外遊びしませんでしたが
    これをした後、お昼ご飯を食べて
    いつもは嫌がるお昼寝をコテンとしてくれました。
    こんな疲れさせ方もあるんですね 笑
    とってもたすかります

    投稿日:2015/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目がまわる〜!!

    4歳の長女と一緒に、探しながら読みました。
    最初の数ページにはお洋服がたくさん出ていて、最近お着替えが大好きな長女はとても楽しそうに探していました。
    「○○ちゃん、これ着たい!!」と言ったりして。

    おもしろかったのは、あべこべのページ。
    見ているだけで目がまわりそうです。
    長女も、「あれ?このページなんだか変だね!」と不思議そうに見ていました。昔、私が小さい頃に行ったビックリハウスを思い出しました。

    投稿日:2015/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『ミッケ!』だと難しい世代に特にオススメ!

    図書館から借りてきて、4歳と9歳の娘たちと読みました。

    4歳の次女が大好きなこのシリーズ。
    今回は扉をどんどん開けていくストーリーになっていました。

    ミッケよりも探すものが身近にある物ばかりなので、
    いちいち「これはこういうもの」と解説しなくても良いので
    母もとても気に入っています。
    今回は姉妹2人で、何回も一緒に仲良く探し物を楽しんでいました。

    9歳の長女は、お裁縫の部屋に目を輝かせていました。
    4歳の次女は、缶詰工場がお気に入りの様子。
    “うじゃうじゃむしの缶詰”には「ぎゃっ!!」と言っていましたが、
    そんなのも含めて楽しいみたいです(笑)。
    “さかさまあべこべ”の部屋にも興奮していました。

    どちらかというと女の子の方が喜ぶかな〜と思いますが、
    ロボット工場や、ちょっとミステリアスな感じのページもあるので
    男の子でも十分楽しめると思います。

    探し物絵本は読みたい、でも『ミッケ!』だと難しい・・・という世代に特にオススメです。

    ちなみに、私はあるページの“かに”がどうしても見つけられませんでしたが、
    4歳の次女が発見しました!
    親子で楽しめますよ(^^)♪

    投稿日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい!

    娘が体調を崩し、お医者さんで点滴を受けていた時に読みました。
    『ミッケ』は以前に読んだことがあったけれど、この絵本は初めてで、
    「ミッケと似てるねえ」なんて言いながら。

    でも、私も娘もこちらの方が気に入ってしまいました。
    なぜなら、かわいい!怖くない!ミッケの方はなんとなくおどろおどろ
    しくて怖がりの娘はちょっと引いてしまうところがあるのです。
    でもこちらはそんな要素はなくて。ページを構成しているもの達も
    手作り感いっぱいで、ちょっとミニチュアハウスだとか手芸本を見て
    いるような気分にもなります。かくれているものがさがしやすい気も
    しますし。
    すっかり気に入ってしまった娘は「この絵本が欲しい」と言って
    います。しばし思案中です。

    この絵本のおかげで点滴の重苦しい時間を忘れ楽しく過ごすことが
    できました♪

    投稿日:2012/04/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「どこ? とびらのむこうのさがしもの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました


2022年5月の新刊&おすすめ絵本

みんなの声(54人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット