どこ? とびらのむこうのさがしもの」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

どこ? とびらのむこうのさがしもの 作:山形 明美
撮影:大畑 俊男
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2006年07月
ISBN:9784062134620
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,740
みんなの声 総数 54
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • センスの良いアイテムたち

    「どこ?」は子どもたちと一緒に大人も一緒になって楽しめるので、家族みんなで遊ぶ絵本として、我が家では大活躍です。
    特に「とびらのむこうのさがしもの」は、いろんなお店を巡る設定で、数多くのおしゃれなアイテムがたくさん登場するので、私もテンションがあがりっぱなし。手芸好きの私としては、洋服を作るお店が大好きでいつまでも見ていたいくらいです。
    こちらは、どちらかというと、女の子が好きなページが多いかなと思います。

    投稿日:2015/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • キュートな探し絵絵本☆

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    精巧で可愛いジオラマで展開する、
    探し絵絵本の「どこ?」シリーズ。
    今回は黒猫のクロが、
    とびらからとびらへ部屋を移動するというテーマ。
    静物が多め、シリーズの中でもひっそりしてて、
    こっそり覗き見る雰囲気です。

    小さな雑貨が多くて、ミニチュア好きにはたまらない!
    ページの題も
    「ちくちく すーいすい」
    「ガタン ピュー シュワー」といった擬音なのも
    イメージが面白くて好きです。

    大人のほうがハマるんじゃないかというくらい、
    凝ったつくり。
    もちろん探しやすい構成で子どもも大好きな絵本。
    抜群の可愛さに、親子でトリコになる絵本です☆

    投稿日:2015/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頭を使います

    家族みんなで楽しめる本です。アベコベの世界とか色もいろいろあって頭をつかいますね。みていて楽しいです。一度わかってもじかんがたつと忘れてしまって、だからまた楽しめます!探すだけでなく物語になっているのでお話としてすすむのもおもしろいです。

    投稿日:2015/11/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「どこ? とびらのむこうのさがしもの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2022年5月の新刊&おすすめ絵本

みんなの声(54人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット